我が店紹介

2012年4月 4日 (水)

サクラ の話は あのねのね。

4月2日(月)
 歯医者さんに行く。
 待ち時間に抜け出して
Img_3863
佐保川のサクラは「つぼみ膨らむ」程度だと確認。
全体的に ほんのりピンクです。

歯科医院のとっても美人な上に器量ヨシ!な受付女子と
 「今年は遅いね~♪」と言葉を交わす。
Img_3847
おしい!おしい!
モウチットってところですな。
ツボミの全部が全部この状態なので 咲くとなったら一挙に
Img_3951
     どわっ!

ってなるんだろうな。 それもどうよ。
徐々に徐々に・・・・・ちょっとづつ、ちょっとづつ・・・・。
って、してくれないと・・・・・・。

  困るのよっ! 

今年は桜の時期に因んで 店頭にて

 「サクラ、サクラ♪」祭り開催してるのよっ。
Img_4033
サクラビールは大正2年に九州の門司にて
帝國麦酒株式会社より発売されていたものでございます。 
ご存知ないとは思いますが 昭和10年には
Img_4028
大日本、キリン、に次ぐ売り上げを誇っていたんだな。
  (大日本麦酒株式会社30年史より)
帝國麦酒は 鈴木商店が作った会社ですからね。
売り上げもデカかった。

 鈴木商店といえば、会社買収でデッカクなって
 最後にゃ切り売りして・・・・・・・・。
昔も今もしている事は一緒ですわ。
本当に、人間って 繰り返すんだわ。
歴史が進むと 統廃合ってのが世界レベルになってきて
 傷もデカイな・・・・・。 そんな勉強をしちまったぜ。
また、色々と元に戻るよ。
その頃私は生きてないかもしれないけど 
代わりに見届けてよ、若い衆。

じゃなくって!

そんなサクラビールが 門司港地ビール工房にて
限定復刻された商品でございます。
Img_3894
何で、奈良のくせに門司のビールに手を出した?
いやだわ。この子ったら。
ウチね、こう見えて創業140年越え。
Img_3889
昭和の初めの店の前よ。 軒の上に乗っている看板の一枚が
Img_3891
サクラビールなのよ~~、売ってたのよ。
だから 備品も沢山残ってるのよ
Img_3888
看板もその当時のモノよ。綺麗過ぎてウソ臭いけど
物持ちだけは良いのよ! ウチ。
Img_3880_2
店頭に出してきた 陳列棚も 当時の物で 
Img_3882
ビンゴでサクラビール用の陳列棚です。
その上の板切れは 当時のビールを入れていた箱の一部。
丈夫ゆえ、屋根の野地板として使用していました。
 酒蔵壊す時に残しておきました。

  物持ちだけは良いの。 ウチ。

Img_3896
便乗しないで どうする! って事ですね?

察しがよくなってきたね。

 そういう事です!

でも、それだけでは 面白くないので
Img_3884
当時 ビアホールに貸し出していたテーブルを出して来ました。
Img_3885
キリンビールのだけれど
Img_3886
机の足に付いているせん抜きはコーラだけれど。
全部全部当時もマンマです。

でも、これだけでは面白くないので
Img_3827
大正時代のビールを 
当時の手吹きグラスで味わって頂こう!
という企画です。
Img_3830
サクラビールのグラスもあるんだけれど
残念な事に 直しこんで(共通弁では仕舞いこむか?)行方不明。 
そこで、キリンビールのグラスを出してきました。
メーカー違えど モノホン当時に使用していたものです。

お味の方も当時のレシピのまま
 「糖度高く、芳醇なる香味。淡い琥珀色にて色沢鮮麗」
麦の味わいが香ばしく深い。赤く艶やかで透き通った色合い。

です。  美味しいんだって~~~。

   当店の中では ゴッツイ高めのお値段なのですが
  気になる方がいらしたら 
Img_3919
寄っててぇ~~~♪

こんだけ云うてて何なんですが。
 4月末までの企画です。
  数量限定なので 無くなってたらすみません。

そんな 適当な企画なのが

    ウチらしいっちゃ、そうなんだな。


 ※ しをんさん、色々とありがとうっ!

































 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

こんなのしてるところ 珍しかったら いいんだけどね。

皆さん。
奈良に来て ナニをして楽しみたいですか?

教科書に載ってる有名な寺社仏閣を見て回りますか?
それもいいですよね。 見所満載の奈良ですから
何回通っても 尽きることがないのですよ。
春夏秋冬 それぞれ趣きも違いますしね。

それに ドンダケの人数でもガッツリ収容してしまう
でっかい!奈良公園で一日のんびりするもよし。
なんてったって 入場料無料! 持込OK!! ですからね。

この、懐の大きさ。
Pa210059
あほやで、1000円位トッタッタラええんや。
・・・・・・・・。姐さん。ソレをいっちゃ~~~お終いですよ。

それとも 古い町並み等を散策して歩いたりしますか?
古い町中(まちなか)には 小さいけれども味のあるお寺もたくさんありますからね。
それも楽しめて 大変よろし!!

でもね、でも。
それだけで満足ですか???
 
Pa210051
ふっ。奈良は奥が深いんやで・・・・・。

そう、例えば 

世界遺産元興寺を目の前にして
Pb080075
大人の贅沢はいかが??なんちゃって。。 
(漢字あってるか?間違ってたら超~~カッコ悪いぞ!)Pb070101
とてもオープンな感覚で ラフに楽しんで頂ける場所だもんね。
そうですね。 このブースは皆でちょこっと歩きつかれた体にガソリンチャージして もうイッパツ頑張って頂く ピット的な存在とでもいいましょうか・・・・。
アイスモナカやラムネとか甘いのもあるでよ~~。
・・・・・・・・。奥のほうで眠りこけてるベビーカーの女子。
かれこれ1時間位誰も近くにいなくって 放置されてまして・・・。
ま、その後無事にご家族が迎えにいらっしゃったんですけどね。
・・・・・そこまでのラフなんは ちょっと・・・・・・。

そして、 奈良の地酒を色々と取り揃えていたり、
店頭で飲んだワインをボトルで買えたりするのが
Pb080057
本当のお店。 セカンドステージとでも称しましょうか?
こちらは表の「ちょこっとかふぇ」よりも重みがありますかね?
トロッコなんかも何気に座れたりしますしね。
それよりお酒ですかね。
季節ごとにも置いているお酒も違いますし。
同じ物が毎回あるとは限りません。
その場で会えたお酒は運命です。
迷った場合は
Pa300072
買ってください!!! 
君にこんな役をさせて心ぐるしい・・・。
・・・・・・・・・・・・。この頃ね。
「あれ~~~、ここ酒屋さんだったんですか?」
なんて云われちゃいましてね。
表から見たらもう、すっかり 酒屋とは見えない模様で・・・・。
この頃は お子さんやら お酒以外のお客様も多いのも確か。
それは とってもありがたい事だと 感謝、感謝でございます。


 ココまでは 今までの展開です。
これじゃ どこにでもある風景でございますよ。
その上をいっちゃう?? いっちゃいます???
サードステ~~~ジ!!!


本日、新展開。
Pb080055
店の奥にある、この暖簾。
この暖簾は「結界」と申しまして、店と家とを隔てる物なのです。
こんな薄い布切れですが、この暖簾の意味は大きいのです。
やんわりと 「ココから奥は私的な領域です」と完全立ち入りを拒むものなのです。
よく、奥をチラリと見ようと暖簾から顔だけ覗かせようとする方もいらっしゃいますが
それは 多分京都でも奈良でも同じで 大変不躾な行為だと思われます。
    止めましょう。

ですが、覗いてみたいのが 人情ってもんですよね。

ですから、本日はこの結界を潜って頂こうではありませんか!
そう!!サードステージはこの薄いが重い垣根を越えて頂きましょう!
Pb080059
さあ!暖簾を潜るがよろしくってよ!!!
Pb080073 
暖簾を潜ったスグそこは玄関へのアプローチ。
このガラス戸を開ければ
Pb080062
玄関の間。
そしてその奥には廊下がございまして 廊下の向こうには
Pb080063 
障子。コレを開ければ
Pb080071
おぉう!(大袈裟)広間になってますね。

そう、実は本日。
この町屋を一日存分に楽しんでいただこう!
というイベント?企画でございました。
このお膳の上には ならまちの料理屋さんから仕出しが届けられる訳ですね。
一日、どんな風に使って頂いても
Pb080076
結構ですっ!

そうね、奥のほうで楽しそうにお食事なさってらっしゃる方々。
大変楽しそうでございました。喜んで頂けたようで よかった、よかった。

本日は かご屋さんがご一緒してならまちをご案内して
辻斬り侍さんに殺陣を教わったり。小芝居見ていただいたり 
町屋を貸し切ってゆっくりしてもらって
 普通の奈良の町屋とはどんなもんか 
ちょこっと体験していただけたら幸いでございます。
という 企画内容です。

そう、当方が本日から始めましたのが 暖簾の奥。
町屋部分を1日自分の物にする 「海の家」ならず「町の家」です。

ずっと動き回る観光もいいものですが そんなのにも飽きた 上級者向けです。
沢山の人数で使うもヨシ。
 家族だけで使うもヨシ。
 一人で読書や書き物を仕上げるのに使うもヨシ。
 仲良しで 町中をウロウロする人あり、奈良公園に行く人あり 町屋でゆっくりする人あり。みんな最後にはココに戻ってくる基地にするもヨシ。
邪魔者が入らないように 学会や委員会の勉強会に使うもヨシ。

使い方はご自由。

当方がご用意できるのは
Pb080067
    ゆっくり流れる 町屋の時間。

ただそれだけ。
Pb080096
普段の奥の間はこんな感じ。
落ちつく空間には
P7200051
自信がありますっ!!!

誰にも邪魔されない 大人な優雅な時間の使い方をしてみませんか???
究極の町中遊びです。

・・・・・・・・・。本日は なんだか 宣伝ばっかりになっちゃいましたが

多分あんまり している所ってないと思うんですよ。
 一日町屋貸切。
1日1組限定です。


 ちょこっと気になりませんか?

さぁ!気になったら また 何時か ご利用くださいませ!!

以上!進化を続ける 町屋からの 本日のご報告と

         宣伝でございました。


11111 
やじきた屋さんの副代表。 着物美人に囲まれて

     笑顔満開。

大変天気もよくって よかった。よかった。
ねぇ。副代表!

 









| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

8月2日日曜日 暇?

暑い゛~~~~~、暑い゛~~~~~。
こんな日は
P7060009

この中のナニを食べるでしょう。
答えは・・・・・・。
全部なんだけど。その中でも
P7070012
スイカですわ。
黄玉すいか。 甘イッス。美味いっす。
P7070018
どんだけ美味しいかは
P7070019
んが~~~!!
この
P7070020
食べっぷりで
P7070021
うんめ~~~!!
わかります?
夏バテにはスイカかも・・・・・。
と思いながらごえもん君にもおすそ分け。
で、食べ終わった残骸は
P7070028
きっと 鈴虫もカブトムシも見向きもしない 貧乏食い。
だって~~、何処までいっても 甘いんだもん。仕方ないですよ。

と、こんな事をしている場合ではないのです。
告知、告知。
ご存知の方もいらっしゃるんですけれど。
P7090048
第5回奈良サマーセミナー が今年も8月1日2日に行われます。
奈良町を中心に15の会場で61もの講座が開かれます。
P7090047
こんだけの講座があるんですよ。
細かすぎますね。
例えば
P7090053
奈良国立博物館を会場に 仏様の鑑賞術をプロの国立博物館学芸員の方から直々に伝授していただけるぞ!
今、仏像ブームですしね。仏像の基礎から学ぶにはぴったりでございますね。
参加料400円(子供無料)。筆記用具に単眼鏡(持ってれば)。が必要です。
また、
P7090055
名勝大乗院庭園文化館では 風呂敷活用術が身に付く講座。
無料でふろしきだけ持っていけばOK!

とか、大変由緒正しい会場にて 有難いプロの方から教わるその専門知恵。
61もあれば大人も子供も気に入った講座の1つや2つ。

       アルと思います。 

 
P7090057
ならまちセンターだとか公民館。セミナーハウスが会場の中。

 ! ! ! ! !
なんだ・・・・・・。ここは?
という所が一箇所混ざっております。
P7090058
会場:小川又兵衛商店ならまち店。 奈良の地酒講座。
きっと15個ある内で私的な会場・・・・。ここだけ。
で、講師な方々が・・・・・ 利酒師with日本酒愛好家。
なんとも。
P7090035
胡散くせ~~~~!ですね。
そうね。でもね、なんかちゃんと利酒師の資格は持ってるみたいよ。
そこは、まんざら嘘ついてないみたいよ。
で、この日本酒愛好家って方も これ以外にも講座を持っておられて講習などのセミプロの方で、講座内容がグダグダにならないようにちゃんとして下さるもようですよ。

 今回初参加。当店で行われる 講習会でございます。
で、その下の講座内容のコメント。

  欧州で米国で韓国で大人気。今やクール・ジャパンといえば日本酒。
 清酒発祥の地。奈良で知る古くて新しい日本酒の魅力。
 
※空腹状態での参加は避けるようにお願いします。
    車での来場はご遠慮ください。


ってね、受講者に注文ばっかりしてるの、この講座だけ。
奈良の日本酒を色々味見しながら 楽しく過ごしましょうよ!
という、大変アットホームで気楽な講座内容となっております。
空腹状態を避けるようにとの内容からも分かりますように・・・。
割とガッツリ昼酒を楽しんで頂きます。
P7090059
 参加料:1000円。
 持ち物:おつまみ。(乾き物。スルメなど)
・・・・・・・・・。何処までも 温そうな講習会。
1000円で こんなに??と思って頂ける内容ですよ。
おつまみは当店でも販売しておりますが、別途有料です。
なので、お好みの物がございましたらご持参下さっても 

        OKですっ!

と、手抜き良心的な内容でございます。 
あっ!ちょこっと名物なこんにゃくはございます!!
この期にお試しくだされば。幸でございます。
いいこと尽くめではありませんか!

         ですが。
会場ってのは
P7090066
ここ。店頭ちょこっとカフェ。(3丁目君と愛車写り込み)
冷房なし!ガッツリ外です。(世界遺産元興寺を眺めながら酒を飲めるぞ)
開催時間は 13時~14時半。
最も!最も!暑っい時間帯でございます。



・・・・・・・・・・・・・・。この講習を受けるには。
酒が飲めるか?暑さに強いか?蚊に刺されても平気か?

コレらに耐えられる 根性があるかーーーーーー!!!

と云う 精神的向上も目的な講座となっております。
・・・・・・・・・・・・・・。それでも来てくださる方。定員15名。
早い者勝ちとさせていただきます。
どうか、皆様の忍耐を鍛えるため。お越しくだされば幸でございます。



     だれも来なかったら どうしましょう??



本日は全て告知です。
 来たってね。おにいちゃんが講師ですやん。
ごえちゃんにも会えますヤン。
た~~ちゃんにも会えますヤン。(会わないほうがイイかも知れません。)
奈良のお酒も色々飲めますヤン。
・・・・・・・・。暑いけど。痒いけど。
どうか。宜しくお願い申し上げます!

P7090050
詳しくは Webを見ていただければ 載ってます。

P7090044
見てみて下さいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

 酒屋なんですよ。 うち。 だから お酒の話です。

みなさ~~~ん。
  こんなご時勢ですが
    こんなもんでも 如何ですか~~?


           P1190006
   ウイスキーですね。
 えぇ、ただのウイスキー。
 名前は 「竹鶴」 ニッカのウイスキーですって。
    日本製のウイスキーって・・・・・。ねぇ?

 と、思った 貴方!

             甘いざまス!

 こういうのは 何年物か! と言うのが大事なんですってよ。
 で。これは・・・・。

           P1190007p_2
   35年物でございます。
 12年とか 17年とかは よく出回ってますよね。
 25年となると ご存知の方は

             おっお~~~!!

 ってなるらしいのですが、
 その上の 35年となると なかなかお目にかかれるものでもないみたいです。 
           P1190017
      よくわかりません~~~。

 いいですか~~。
35年前って。
わたくし 生まれてませんですよ!!
           P1180069
   自分で言ってて 悲しくなりませんか?
・・・・・・・・・・・・・・・・。だって、家のおねえちゃん 万年35歳ですよ。
 その妹が ソレより上のはずがないですからね。

    話は戻って!

「35」の字の下に 手書きで番号があるのですが消してます。
すみません。 でも これが噂の?

    シリアルナンバー ってヤツですってよ!奥さん!!

番号がふってあるって事は

           P1190010
      限定数量 1,200本。 ッポン!!

 限定品ですね。 全世界に1,200本ですよ。
 その中の 1本。

     凄いですね。 さ、さ! 皆さんも ご一緒に 拝みましょう!


           P1190012
   竹鶴 35年物を!!!(箱をか!中身は!!)
 だってさ。 3重の箱入りだって言うんですから 箱も拝んどかないと!
           P1180057
 さ、 気になるお値段の方ですね?(テレフォンショッピング風)

この ニッカウイスキー 竹鶴 35年



                お値段は!!




                 時価。


 ・・・・・・・・・・・・・・・・。すみません。 オープン価格なんですよ。
 定価ってもんがない商品です。

 でも 相場ってもんがあるんですね。
 今年度の この35年は   なんと!!!


              なななんんと!!
 
               ななまんえん。

               7万円でございます。


            皆さんも 1本いかが?

     あ、この写真のウイスキーは もううちにはありません。

      お嫁入り済みです。


    ワタクシも まだだってのに!

       まいっちゃったね。

       まったく・・・・・・・。

 はっ~~~~~?
 お味を聞くんですか? この私に_????
      売ってナンボのもんですからね。
     いちいち味見なんてする余裕は

         ございません!!

でも、思うに。

         7万円の味がするんだと思います。

気になる方は 買っとくれ!
取り寄せですが・・・・・・。

 な~~~~んちゃって~~~~~。

ま、家でもこんなのを 扱ってるってことで。。。。。

       お見知りおきを!!

           P1190001_2
    こんなんも あるでよ~~~~~。(取り寄せだよ。常時はないよ。)  


           
      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

こんな物が 珍しいですか?

ならまちの店は 若干古いです。
ならまちの尺度では そんなに古くはありません
築100年やら200年という 建物が他には たーくさんありますから
まだまだ ひよっこです。
そう思っているものですから そんなに古いものがあるとも思えない
 事務所の中の代物をあまり 気にも留めていなかったんです。
 ですが、本日 御来店下さった お客様が 
           「面白いでんな~~~~!」
と とても 興味をもってみていらっしゃいました。
           Dsc03316
 ひょっとして、私の事でしょうか??

 違います。 棚に飾ってある物ですよ。
           Dsc03781
 ウイスキー ローガン。 
何が珍しいのか? ワタクシにも さっぱり??
ローガンってウイスキーが何なのかも よく分かってません。
調べたところによると ホワイトホースの高級ブランド品だそうです。

 もう、正規輸入されていないそうです。
 だから めずらしいのか~~~。
 と、思っておりましたら、お客様が言うには
           Dsc03782
 この、キャップ?? これが 珍しいそうですよ。
同じウイスキーでも あまり出回っていないキャップの物もあるそうです。
さすが 通ですな。 見る所が違います。
 ・・・・・・・・・・。珍しいですか? そうかもしれません。
 このローガンってウイスキーは
           Dsc03785_2
ジャーディン・マセソン・アンド・カンパニー(ジャパン)・リミテッド が正規販売していた商品ですが 事務所に飾ってある一品は
           Dsc03787
その ジャーディンなんちゃら から直接粗品として 貰った商品だから。 
多分 何周年とか そんな時に 特約店等に 配られた物だと思われます。

 ですから このサラッピンに見える この熨斗紙ですが 
 実は 数十年は経っていると思います。
よっぽど 奥の方に仕舞ってたんでしょうね。
 それが 日の目を見るときが来たなんて・・・・・。(来たのか??)
 思いもよりませんでしたでしょうね~~。

           Dsc03704
 ・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・。そうっすね。 姐さんには なんの価値も興味もないことでしょうね。
 猫に小判ですよね。
 ま、ごえちゃんにコメントを頂こうじゃないですか。 
 それで、良いことを言ってもらって バッチリ締めましょう! 
 どうぞ!
           Dsc03722                    ・・・・・・・・・・・・・。
あ、そう。 ごえもんくんも コメントなしですか。
え?なに??  そういってる ワタクシにも? ワタクシにも何ですか?
          Dsc03127
 ブタに真珠じゃないですか。
その通りです。 鋭い指摘でございます。
 お客様が 凄いって 言ったって、 
   へ~~~~~、そうなんだ~~~~。
って思うだけですもんね。

 だがしかし! 
 「オークションなんかに出したら 高い値段つきますよ!」
 なんて 言われたら! 
 
        欲が出るじゃありませんか~~~。

どうでしょう。 あと 30年ほど 残してたら もっと値打ち出るでしょうかしら?

     それまで待とうじゃないですか!!

 ここまで残してたんですからね。30年だなんて、あっ!って言うまですよ。
それまで、あんまり手にせず そっとしておきましょう。
 そうしないと 早い段階で 割ってしまいそうな そんな気がする。

       どうか、割りませんように・・・・・・。  

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

春の次は 梅雨なのを 忘れてました

                          Dsc03503
店先で お楽しみ頂く 「ちょこっと カフェ」ですが 
西に面しており 午後からの日差しが キツイ。
ですので 日差しを遮る スダレを用意し 皆様に快適に過ごしていただこうと 思って設置いたしましたら とたんに

             梅雨に入りました。

            Dsc03481
       あいかわらず、読みが甘いな・・・・・。
そうですね。 姐さん。   
今年の1月2月だってそうですよね。 
毎年 この時期は 一番暇な時期なんですよ。 奈良って。
ですから それに併せて 店頭のシャッターの取替え工事をしたんです。
店頭を 工事用のバリカーで囲むもんですから 約1ヶ月強 お店を全面休業させて頂いたんですよ。
 そしたら、     「鹿男」の撮影期間と 重なった。
・・・・・・・。もう 2度とこんな 普通のドラマの撮影現場になること無いと思うんですよ。
この時期には 考えられない 人通りを バリカーの隙間から 指を咥えて眺める日々でした・・・・・・。
 なんか、2時間サスペンスドラマとか 誰も死なないドラマ以外で 奈良が、しかも当店から徒歩圏が 舞台になることは もうないでしょうね・・・・・・。
その時期を 休業するだなんて・・・・・。 バカじゃね???

 そのことを 今でも 常連のお客様に話すと
       「ここの 店らしいな~~~~」
と、笑われます。

 そうですね。 何処かズレてる感が ないこともないですね。 この店って。

 う~~~~~~~ん。 この時代に 乗らないと!
 

 う~~~~~~~ん・・・・・・・・・。

    で、この時代って 何をしたら いいんでしょうね? 乗ってることになるのでしょう?

 それが 分かれば苦労はしませんね。

 兎に角、 梅雨が明ければ スダレが大活躍 してくれると思いますよ。

 皆様も 遊びに来てくださいませ!  お待ちしております~~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)