« 大ファンな人と 間接握手? | トップページ | イモムシ »

2012年1月13日 (金)

 なんぞや!

「○○とは何ぞや!」 と云う問に対する答えを
「定義」とか「概念」とか 云うのでしょうか?
そして、その答えや考え方は百人百様。 
だから世の中が面白いんだと思います。 たとえば。
Img_2069
「姉とは何ぞや!」
と、問われれば 私にとっての「姉」とは

  日常生活能力では絶対に私の方が勝っていて
  日夜、ボロクソにいいながらも 一番頭が上がらない人。
  実は自慢にも思っているけど 絶対にそんな事口にはしない!
  ピンチには一番に報告し 最後の最後にケツを拭いてくれる頼る人。

なのだが、皆さんはどうでしょう。   

ま、つまり。おねいちゃんとは 運命共同体・・・・・見たいなさ。
  何かあったら 合体!(一丸となって)して事を成す訳で
  その時 「頭」がおねいちゃんで 「脚」が私な訳です。
  ソレくらい、信頼・・・・してるんだな。 口では偉そうに云っても。
  ま、姉妹なんてそんなもんなんじゃないでしょうか?

これが仮に血縁関係がなくても「姉だ!」と思っている人にも有効。
ソコの所も 重要です。  いいですね。 

つづいて 
Img_2081
「イトコと何ぞや!」
と、問われれば

  同じニオイのする人種。
  姉同様、ボロクソに云ってもいいんだけれど
  言い返してくるから要注意。
  接触する時は 軽くファイティングポーズを保ち
  いつ何時繰り出される攻撃にも 対応しなければいけない。
  軽いジャブの応酬を楽しんでいるんだが 勝ちたいんだな。
  年上で、負けると分かっていても戦いを挑む! と思う対象。   

戦いの内容は主に、オモロイ事をどれだけ言えるか!だとか
オモロイ体験をどれだけしたか!だとか・・・・・・。
Img_1974
大変、レベルが低いお話ですこと。
いや、それだけではない。 大富豪だとかUNOだとか
 イッパツで勝敗つく物はとくに 負けるわけにはイカン。

小さい時に正月恒例だった トランプ大会では 気がつけば
   小川家 VS  従姉妹家
の対決になってたわね・・・・・・。 思いは一緒か。 

なんか、対抗意識のあるのが イトコ。
で、こちらも 「姉」と同様

「アカの親戚」(血は繋がらないが親戚以外の何物でもない人)にも
同じ反応を示すわけで・・・・。





ここに、本があります。


Img_2052
「ティープリーズ」   堀江敏樹氏 著。
内容はね。
自他共に認める 「Mr.Tea」こと、堀江氏の
頭ん中を覗き見出来る 内容です。
難しい 「紅茶とは!」って云うんじゃないです。
 もしか貴方が紅茶の殿堂「MUSICA」を訪れ 偶然にも
 Mr.Teaとお話出来る幸運が訪れたなら
聞かせてもらえる なんだかしらないけれど
気がついたら 聞き入っちゃうようなお話が 詰まってます。

   つまり。 「Mr.Teaとは何ぞや!」 って話です。

で、Mr.Teaが自らの頭ん中を惜しげもなく教えて下さってるんですが
その中には4人の刺客(友情出演者)が Mr.Teaとは!
 という問に答えていらっしゃいます。

で、如何にお世話になった!とか。 こんなに凄いんだ!とか。
お話になってるんですが 中には
Img_20631
なんか違う方向で Mr.Teaを紹介しているのが一名。
刺客らしく Mr.Teaの本なのに、その紹介を放っといて
 自分の紅茶暦を書いとります。 しかも 持分の半分も。
そして、大人になって目からウロコ!の紅茶人生を変える
       ターニングポイントがやってきます!
それが!まさに!!
Img_2097
Mr.Tea!じゃないんですよ!そこはMr.Teaでしょ?普通。
Mr.Teaの本なのに(2回言った)。 ベンチャラなし。なんて正直。
その後、紅茶の魅力を教えて下さるのがMr.Teaなんですが
今回は その出会い編 で終わっとります。

その後、沢山の楽しい冒険の旅に二人で行くんだな・・・。
それは、次回作品で披露されるので こうご期待!か?
で。 
今回「出会い編」は、どっちかというと・・・・・・・。
飄々とした普段着の「おとっつあん」なMr.Teaを紹介されとります。
それを言えるのは、Mr.Teaの信頼あってこそか。

だがしかし。 普通そういう 友情出演ってさ。
巻末だったりするでしょ? なのに こいつ(コラっ!)
Img_2065
この本のど真ん中に載せてもらってやんの・・・・・・。
しかも、奥さん! 他のゲストが 1~3ページ掲載なのに
Img_20661
10ページって・・・・。
なんだそれ。 誰の本だかわかんね~~~な、オイ。

・・・・・・・・・・・。じぇらしいいいいいい!

そうでございますよ。 この部分を書いてらっしゃるのは        
    師匠改め作家大先生でございます。

ま、あっちはナンとお思いか知りませんが作家大先生とは 
 アカの親戚なんですよ。
Img_2095_2
しかも、 イトコ(思い込み)なんですよ・・・・・。
 そう。  イトコなんですよ(また2回言った)・・・・・・・・・・。

なんかね。読もうと思うんだけれど なかなか読み進まないの・・・。
読もう読もうと思えば思うほど
Img_20632
師匠の鼻の穴膨らませて「どや!」顔してるのが眼に浮かんで。
進まないったらありゃしねぇ・・・・・・。

いつでもファイティングポーズなのがイトコなんで。
なんだか一人で面白い事ばっかりしているこのイケスカン従兄に
いつか 「恐れ入りました!」と言わすのが 目標でございます。

が、兎に角。 この本、本屋さんで眼にしたら 手に取ってやってくださいませ。
で、師匠の名前を ガンミして  

    棚に戻すがヨロシクッテヨ。

うそうそ。 お買い上げ下されば幸いでございます。
 印税で何かおごってもらえるかもしれんので。
Img_2125
ゲストに印税は入らへん!
・・・・・・・・・。じゃ、師匠。
次の作品は何時発表ですか?
その時には 印税でおごってください!

あ、遅くなりましたが  本、届きました。
 
  
送って頂いて ありがとうございました!  

何か本のお礼に!と思ったんですが
 
  
Img_2054
ラクトフェリンの おまけのDVD。 
送らせてもらいましょか?




      

|

« 大ファンな人と 間接握手? | トップページ | イモムシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

難しそうな紅茶の本を読むほど 紅茶熱心なのねと 思ったら
そういうことでしたか。
本を出されるほど 紅茶に詳しい師匠さんもまた すご~い。
いとこにお姉さん。私とは 環境が違うねえ~。
一人っ子だから 姉とか妹の存在感がわからないし・・・。
いとことも 年が離れてたからなあ。
遊んでもらうか 遊んであげるっていう立場。
おがんち 楽しそうやなあ。

投稿: 夏みかん | 2012年1月13日 (金) 22時10分

なっちゃん。
難しい本じゃないよ~~。 紅茶って肩肘張ってすることないよ!
って事の書いた本だけれども。
堀江さんのコダワリは ムンムンですわ。
ま、それも頭に入れて。 自分の好きなように紅茶でもなんでも楽しめばいいんですよ。 嗜好品ですからね。 何やってもいいの~~~。  と、思う。
 そうか。 姉妹って多分そんなんよ。 
タマに、「比較されてヒネクレタ」って聞くけれど ありえないのよね・・・・。  逆に「すごいやろ?ねえちゃん」って自慢には思えども。口惜しくは思わなかった・・・・。 向上心のかけらもないので学校のお勉強は・・・・・・。残念な結果で終わったな。
イトコは 17歳上から始まり私が一番下。 一番上と2番目までは存在に気がついた時には大人だったので そうでもないけれど。 7歳と5歳位上の従姉妹は オモイッキリ!遊んだ。
そんな思い出ばっかり。 だから未だに あほうです。

投稿: たー | 2012年1月14日 (土) 00時08分

無事に届いてなにより。

なんだか腹が立つ~!と思いながらこのページを書いたでしょ?だって、届いたなら、無事に届きましたよ♪と一報するじゃないですか。それがなかったから、鼻息が荒いのが感じ取れましたbleah

まぁ、私のページは飛ばしてもいいですよ~だ。

私が紅茶を語る資格はございません。ただの客ですから。
堀江氏のざっくばらんで我々お客さまに丁寧に応対されている普段の姿を面白く表現したかったのです。紅茶界にとっては雲の上の存在でも、素人の私にも分け隔てすることなく教えてくださる堀江氏の大きさを伝えたかったのです。
確かに、堀江氏の章より長かったですね。

あっ、いつでもかかってきなさいhappy01

投稿: 作家大先生です♪ | 2012年1月14日 (土) 02時46分

作家大先生!
!ワタクシの脳内を何で解明すんねん!!!!!
もう~、読まれてるのがまた くやっしいいいいい!
違うんですよ。 言い訳ですが 聞きます?
 届いたのが 日曜日の夕方。
その夕方にね。届いてスグにお電話すればよかったのにね。
 パラッと。  パラっと。  中身を見ちまってさ。
・・・・・・・・・・・・。 おい、おい、おい!と。
話せば長くなりそうじゃないですか?
で、その日は坊主めくり盃が行われてドタバタしていて一日過ぎ
時を逸してると間に 本を読んでしまってさ。
感想を先に口頭で伝えたら 面白くないでしょ? この!この!文面で楽しんで頂いてから 連絡しようと思ってたら。
・・・・・・・、これ、仕上げるのにね。数日かかったし。

       力作やし!
もう、すごい!大絶賛やろうに・・・・・・。
持ち上げて!落としてるところがないなんて 奇跡でしょうが!(落としてるつもりは皆無!)  
     で、日記の更新も遅れちまった。
で、お礼のお電話も遅れているうちに 逸してしまった。

        ごめんなさい!!

でさ、知ってた? ワインボトルに入った緑茶が売ってるの?
1本21000円!の高級茶  その 名前が
        masa ぷれみあむ。
・・・・・・・・・・・・・・・。 なぜ、その名前なんだ!
でね。 その上に 21万!の緑茶があるの!それの名前が
        masa すーぱー ぷれみあむ。
・・・・・・・・・・・・・・・。なんか、はらたつ。http://www2.enekoshop.jp/shop/rbt/item_list?category_id=178305   ご参考までに。

投稿: たー | 2012年1月14日 (土) 09時07分

21万円のお茶なら、21万円のボンネットを買います。
21000円のお茶なら、19800円の冷蔵庫を買います。
おまけにたった3gが630円の茶葉なら、インスタントコーヒーの瓶を買う。ラッキーだったらマグカップが付いてるかもしれない!
あのビン1本に何グラムのお茶を使ってるのだろうか・・・・。
容器と手間を考えても30煎分ほどですか。

水出しで淹れているようですが、どうなんでしょう?

日常茶飯が特別茶飯になるのは困ったもんです。

投稿: MASA スーパーアベレージ | 2012年1月14日 (土) 16時18分

MASABOO デラックスさん。

そうですよ。 高すぎますよ。
それでも売り切れる程の人気らしいですよ。 驚きですね。
あたしだったら、21万あったら 宝塚21回行く。
21000円やったら ヘレンドの茶器買う。
とか、言いながら。
       貯金する。
あぁ。貧乏性。


投稿: たー | 2012年1月14日 (土) 20時26分

あの~・・・

さりげなさを装いながら 何となく嫌みったらしく
セキレイによく似た鳥の写真と
水辺の写真が挟まってるのは 
何でしょう・・・・・? 

投稿: 匿名希望 | 2012年1月16日 (月) 13時53分

特命鬼謀のカメ母さん。
正真正銘の セキレイです。
家の周りを日夜うろつき 最近ではあまり人間を怖がらない セキレイです。
ほら!ワタクシの以前に書いた絵が まったくもってセキレイそっくりだとわかりますでしょ?????

           どやさ!

水辺の写真は 海遊館近くの海に 冬でも薄着で佇む女の人。
人魚?わかりませんが、どちらも撮っては見たものの
どうしろと? っていう物ばかりで。
こういう時に 突っ込んでみました。

        センスが良いって??

いやだ。 正直ですこと。

投稿: たー | 2012年1月16日 (月) 16時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/43711285

この記事へのトラックバック一覧です:  なんぞや!:

« 大ファンな人と 間接握手? | トップページ | イモムシ »