« 番長と呼ばれて・・・・・。 | トップページ | ありえない事。 »

2011年6月 5日 (日)

古典をたしなむ。

昼間の
P6040086
玄関の間。
照明を点けずとも  通り庭から
P6040103
坪庭からの
遠慮がちに入ってくる外の光が なんともやさしい。
今日みたいな暑い日は
こんな 柔らかい闇に包まれているような安心な場所で
   ごろんと横になる。
P6040088
天井見上げたら
P6040094
おとうちゃんの帽子。
昔のまんま・・・・・・・
こんな場所で 読書。

    源氏物語などを 少々。

一気に半分読んだところで 感想は

 なんだ?この男?? サイテー男じゃね~かっ!

良いように言っても あっちこっちでオイタして回りやがって・・・・。
なんだ? 愛人の娘にまで手を出そうってかっ?

 人間じゃね~な・・・・・・・。

韓流ドラマよか、ドロドロじゃね?
なぜ、この金と権力にモノを言わせる極悪非道男が
最高な殿方として今尚君臨しているのかが

 マジ、ありえねぇ・・・・・・。
P5200056
何をエラそうに
P6040105
マンガよんでるだけやんかっ!

あ、バレたか。

昔、昔に読んだもののすっかり忘れてましたね。
新鮮、新鮮。
すずさん。部室に「あさきゆめみし」が戻ってきています。
 P6050030
勝手に読んでます。 面白いです。 ありがとう・・・。
すみません。

部室にて 泣いて笑って企画が出来て。
この場所は 気の合った人が集まって
ただただ、あほうな事して楽しく過ごせる所になってきた。
ここに来て元気になって帰ってくれる人が一人でもいてくれたら
それだけで 自分がココにいる意味があるような・・・・・。
そうなれたらいいなぁ。

そうしよう!って動くわけでもないのに
そうなっていくのは 見ていて楽しい。

これが本当の贅沢なんだろうなと ふと 思った
今日この頃。

それもこれも、 全部皆様のお蔭だと 心の底から感謝。
と、思える自分は今、幸せなんだろうと思う。 

|

« 番長と呼ばれて・・・・・。 | トップページ | ありえない事。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

きゃぁ~大変
急いで 後半をお持ちいたしますわ^^

投稿: すず | 2011年6月 5日 (日) 22時53分

玄関の間、素敵です。

風通しが良くて、人が集まって、
楽しく過ごせる空間が出来るなんて
本当に贅沢ですね。

もちろん、そこにたーさんが
居られるからだと思うのです。

私もまた元気を頂きに
お店にお邪魔しま~す。

投稿: せみみん | 2011年6月 6日 (月) 09時00分

すずさん。
ありがとうございました!
本日、無事に最初に読むべきお方の手に渡りました。
ドロドロ内容を一気に読むには 体力が足りず。
後半はしばらくお時間が必要でございます。
ご返却までには しばしお待ちを!!

投稿: たー | 2011年6月 6日 (月) 22時39分

せみみんさん。
いやいやいやいやいやいやいy・・・・・・
そんなことをおっしゃって下さるのはせみみんさんだけでございますよ・・・・・。
 正体をしらないから・・・・・・・。
腹黒で根性悪い人間ですよ~~~
あまい顔したら こわいですよ~~~~!!

投稿: たー | 2011年6月 6日 (月) 22時41分

アタシはあんなに苦労して妻にした女を、
子供を産んで所帯じみたからって粗末に扱う、
源氏のムスコのほうが腹が立つわ・・・。

源氏物語、突っ込みどころ満載だけど、
それでも現代に置き換えると、今でもありそうな話ですよね。

金持ちで権力と美貌を備えた男なら、
女はよりどりみどりで、影で泣きを見るもんだわ・・・。

出家したくなった紫の上、
帰る家もなく、自立の術もなく、可哀想にねぇ・・・

投稿: タガメ | 2011年6月 7日 (火) 02時32分

たがめっち。
今はね~~~。
六条の御息所の生霊に殺されちまった 夕顔の子供に手を出そうとしている所でございます。
最悪ですね・・・・・。
最低だ。
それでも 花散里さんみたいに 「有難い」って思って暮らしていたら 誰かと競って憂いを覚えることもなく・・・・。
どんな生活でも楽しく過ごすが得!ってことでしょうかね。

 ってさ、全然関係ないんだけどね。

一般人は いつの世の中でも 毎日の生活で精いっぱい。

投稿: たー | 2011年6月 7日 (火) 22時24分

花散里も、女は自立する術もない時代だから、「癒し」でうまく源氏のおそばのポストをキープするしかなかったんでしょうねぇ。
ああ見えて、なかなか考えてると思いますよ、私は。

夕顔の娘も、不運が重なったけど、
結局あれで幸せだったんじゃなかったかと。

ああ良かった。
源氏のおもちゃにならなくて、ほんとに。

源氏をオモチャにしてやるくらいでいいのよ。
朧月夜は、たぶん半分、源氏をオモチャにしてたと思うわ。
あのお嬢さんにとって、人生はゲームだったのかもね。
引き際も良かったし、
私は朧月夜が好き。

女の子が生まれたら、月夜なんて名づけようかと一瞬思ったけど、ヲタっぽいから候補から落ちました。

投稿: タガメ | 2011年6月 9日 (木) 00時51分

たがめっち・・・・・。
なぜだ?なぜ?そこまでの分析力をもってして
・・・・・・・・。
皆まで言うまい・・・・・。

投稿: たー | 2011年6月 9日 (木) 23時38分

( ̄▽ ̄;)・・・ ほんとに。

人のことならなんでも言えるもんですよね。
いたたた。耳がいたたたた。

投稿: タガメ | 2011年6月11日 (土) 01時02分

たがめっち。


       。。。。ふぁいてぃん!

投稿: たー | 2011年6月11日 (土) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/40264600

この記事へのトラックバック一覧です: 古典をたしなむ。:

« 番長と呼ばれて・・・・・。 | トップページ | ありえない事。 »