« 私のアタマは ちょっとヘン。 | トップページ | おじさんの はなし。 »

2009年11月19日 (木)

世紀の大実験。

自然界に見られる現象には、人間の恣意的な解釈に依らない普遍的な法則があると考え、自然界の現象とその性質を、物質とその間に働く相互作用によって理解すること(力学的理解)、および物質をより基本的な要素に還元して理解すること(原子論的理解)を目的とする。化学、生物学、地学などほかの自然科学に比べ数学との親和性が非常に強い。

     それが物理学。

そう、目の前で毎日繰り広げられる 数多の出来事を実験や数式によって解明するのが物理学だと、ワタクシは言いたい。

かの アインザック・ニュートンが唱えた
          万有引力
これが、地球の重力だと 思われがちだが
Pb100111
違うんだな~~~~これが。
そ、そうなのか??
万有引力は、重力の一種で、質量を持つ物質・エネルギーなどが互いに引き合う引力である。自然界に存在する基本的な力である。
俗にニュートンが重力を発見したというのは間違い。
電磁気力では引力と斥力があるのに対し、重力(万有引力)では引力しか存在しない。

ので、重力を語るには アルベルト・アインシュタインを語らなければなるまい。

重力(または重力相互作用)の正体は、アルベルト・アインシュタインの一般相対性理論によって、質量を持つ物体が引き起こす時空の歪みであると説明された。これに対して、'万有引力'という用語は、ニュートンの定式化した重力の意味で用いられる傾向にある。ニュートンの万有引力の法則は、自然哲学の数学的諸原理(プリンキピア)においてニュートンが説明している。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
ココまで書くのに ドンダケの時間を費やしたとお思いで????
   数時間じゃ ないですからね。 数日ですから。

 ウィキっても、ウィキっても、
 何処まで読めば終わりのですか?
とカーソルを上下にするだけで 時間がドンドコ過ぎマッタク前に進まない。 
 同じ事を学生時代にやってたな。
 テスト範囲の教科書が読み進まなく
   あと何ページですかね?ってず~~~っと、
目を通すよりも残りのベージを数え続けていましたっけ。。
Pb100110
勉強はお好きでない?

・・・・・・・・・・・・・・。話が逸れたぞ!     

 で、意味を分かって書いているかと云われれば

 で~~~~~ん、でん!! (全然と云いたい)

兎に角、にゅーとんさんの万有引力ってのでは 重力 を語りつくせなくって
  あいんしゅたいんさんが 足りないところを解明したと。
     内容はわかんないけど。

って、事の様に思いますけれど?違いますか?

そして、平成な現在。 町屋の片隅で 歴史に残る実験が執り行われた。
Pb150114
机の上のお茶碗。
これは 床までの間に「机」があるから ここに止まっている。
そう、机という物質があるがタメ お茶碗は床まで落下することが出来ないでいるのだ。

        果たして本当にそうなのだろうか??

もしかすると、物理では解決しない 新たな力と言うものが存在するかもしれない。
たとえば
お茶碗を机に置こうとする人間が この状態で
Pb150115
ココの下にも机がある!と思い込んでお茶碗から手を離したとしよう。
では、お茶碗はどうなるだろうか?
もしかしたら その人間の思い込みが 計り知れない力となり
  このお茶碗がその人の心を読み取り 
あたかも 催眠術にかかったかのように
 
  空中に止まってみたりはしないだろうか?

そんな 大実験を 我が家の一人が 行いました。





   で、この状態で手を離した!!!!







           結果は






Pb150083
大慌てで 床を拭くよりも先に

報道陣をシャットアウトしようとする 関係者!!

生々しいピンボケですね。
この写真を撮るので精一杯ですよ。
床にはお茶の水溜りですよ。いや、お茶溜まり??
ま、要するに 空中にお茶碗は止まる事もなく
 床に直撃ですよ。 
Pb150092
当り前じゃないですか・・・・・・。

いや、絶対に実験だったと思うのよ。
だってね、手元が狂ったと言うのであれば
 机の角にでもお茶碗がカスルじゃないですか?
で、机の上にこぼれるじゃないですか?
それが、なんの「ガシャン!」とかのカスル音もナシに 先ず最初に聞こえたのが
   「オワッ!」
って、奇声。 続いて 床に「ドン!」でしたもん。
Pb140059
そんな手元の狂い方はないわな・・・・。
そう思うでしょ~~~~~、姐さん。

で、ナミナミと注がれたお茶は引力により 地べたに叩き付けられ
Pb150098
床から60cmの所までハネ上がりました。
これは 物理学的には 何の法則なんでしょうかね?
60cm水がハネ上がったってことは 
どれだけの衝撃があったかがナンカの方程式で計算できんでしょうかね??
Pb150096
ソコもしっかり調べなくっちゃダメなんじゃないですか?
・・・・・・・・。1年位 日記お休みしますけど それでもいいんでしたら。

で、ここでも
Pb150112
実験の失敗を報道されまいと 妨害する 関係者。
・・・・・・・・・・・・・・・。
ついでに言わせて貰えば 背中を向きながら 濡れた戸に「フー、フー」と口で乾かそうとしてます。
学校の勉強はデキたんですよ。この人。
でも、それだけでは 世の中 ダメですね。
 生きてくって 大変ね。 ねえちゃん。

    ま、一言で云えば

 ね~ちゃんが お茶をこぼした。

ただ それだけ



なんですけれど・・・・・・・。 ナニか?????



               参考資料:ウィキペディア ってか難しいトコ丸写し。  


 






 

 



 

|

« 私のアタマは ちょっとヘン。 | トップページ | おじさんの はなし。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

難しいこと書くから 眠くなったやん。
物理も嫌いだあ~。
下にこぼすならまだしも うちは コップの水が横から飛んできたで。
ボールにあたって。
水でよかった。顔にもかかったし。
パソコンじゃあなくて よかったね。

投稿: 夏みかん | 2009年11月20日 (金) 09時09分

■壁■_・)

投稿: 後ろ脚 | 2009年11月20日 (金) 19時11分

夏みかんちゃん。
そう、眠たくなるから 一向に進まなかったわ。これ書いてるの。
これ書いてて 分かったわ。
歴史小説なんか書く人ってどんだけ勉強するんだろう。
自分が理解して消化してなかったら それを自分なりの解釈なんてできないわな・・・・・。
   すげ~~~な!小説家。
と、心の底から思いましたって。
・・・・・・・・。こんなんと一緒にするなと???
   ごもっともです。 いっしょにしてすみません。

投稿: たー | 2009年11月20日 (金) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/32232952

この記事へのトラックバック一覧です: 世紀の大実験。:

« 私のアタマは ちょっとヘン。 | トップページ | おじさんの はなし。 »