« 世紀の大実験。 | トップページ | ごえもん 耐える。 »

2009年11月20日 (金)

おじさんの はなし。

親戚のおじさんは 物知り。
昔の話や 迷信や 風習を教えてくださいます。

例えば、
神社の神様は 神様なのに 執着心が強いんだと。
・・・・・・・・・。おじさんの言葉をそのまま言うと「ケチや」と。
なんですか、神社にあるモンは 土の一握りも持って帰られるのを嫌がるってか
   惜しがるんだと。
P9130072
マジで????

ワタクシが云ったんじゃないです!おじさんです。
 バチは当てないで頂きたい。

で、神社の氏子は定期的に木の枝を掃うべく 皆で寄って 
 木を切る。

コレは大変危険だと おじさん談。
土の一握りも持って帰られるのを嫌う神さまが
木を切って 喜ぶ訳がない! んだそうです。
ですから 昔からの 鎮守の森はうっそうと茂ってたんだと
      おじさん談。
死にたい奴だけが 切りに行きゃいいんや!と言わはります。
おじさんは恨まれたくないので 全て終わった頃に顔をだすんですって。
P9130030
それで許されるんですか?
・・・悪い事をしても その笑顔で許されるあなたと同じで
おじさんも許されるそうでございます。

で、 そんな神社の神様は お参りに来た人が靴に引っ付けて 持って帰ってしまう

           土も、惜しがる

そうなんですよ。

だから、私が云ったわけでは ございません。 おじさんが~~~。

で、一年に一回 暮れの12月30日だか31日だかに 
  赤土を一握り 神社に持っていって 木の根っこに置くんだそうでございます。
  「お返しします」と云いながら・・・・・・。

 本当でしょうか? こんな風習があるのは おじさんの地域だけ?

そして、もう1つ。 昔は

農家にお嫁に行く時には 柿の苗を持っていったんだそうです。
なんでかと言うと
 柿は 3年もすると 実がなるんだって。
 「桃栗三年 柿8年 ビワのあほうは13年」
とか云いますけれども 柿は云われるよりも早くに実がなるんですって。

で、 嫁いで3年もすれば 子供も生まれておやつの1つもいるだろう。
その頃に 甘い柿を食べられるようにと 柿の苗を植えるんだと。

この柿。 植える所も決まっていたんだと。
 表は日がよく射し、お米や収穫物を干すために 日陰にするわけにはいかない。
だから 柿が植えられるのは 裏の方だったんだって。
 そういえば 田んぼや畑や家の裏なんかに 柿って植えてありますよね?
Pa300067
近所の裏庭の柿は カラスのたまり場です。全部突いてます。

なんか 本当そうで 本当じゃなさそうで・・・・。
だから 余計に聞き入ってしまいます。
おじさんがやってきり見てきたことばかりだからでしょうか??

おじさんの話は 引きこまれるのでございます。
こんな 話をもっと聞きたいと思いながらも 思いついた時しか話してもらえません。

おじさん!長生きしてください!
で、もっともっと 面白いお話を聞かせてください!

|

« 世紀の大実験。 | トップページ | ごえもん 耐える。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この季節、柿が大好きな私には最高です。
あの甘みは、他ではなかなか味わえないと思うくらい。
買うことは無いんですが、頂くとうれしい果物です。

投稿: masa | 2009年11月21日 (土) 11時04分

こんにちは!
いや~勉強になりました。
店の近所のおばちゃんも神社の木を
切った人が怪我したと言ってましたね、そういえば!
どこも、うっそうと茂ってる理由が分りました。

投稿: 酒屋の店長 | 2009年11月21日 (土) 12時37分

いつぞやのちりんさんブログにも
近所の大木を切る、切らないで
町内会の会議になった話題があったような。

木霊が宿るのは私、本当だとおもうんです。
ウチの近所にある鎮守のお宮で建替えがあった時
境内にある大きな楠の枝がなんともお邪魔になるという
話になったんです。
そしたら、枝を切る前に神事を行ってお祓いをしていました。
切るのはとても太い枝だったんですけど、お祓いのお陰か、
なにごともなく建替えが済みました。

やっぱりねぇ、なんというか・・・
切ること云々、というよりも
まごころを込めるのが一番大事なんじゃないかと
そう思うんです。

投稿: みちる | 2009年11月21日 (土) 13時45分

たーさんのはなしを読み、すぅ~っとしました。
去年、近くの神社の境内の樹の枝が、突然、
バサバサっと刈られ、殆ど丸裸になりました。
なんでも、隣接マンションが鎮守の森のせいで、湿気て困ってる。神社はお金がないので、私達で出した、としたり顔で話す住人に、
もちろんお腹の中で、「くそったれ!」とわめきました。先に建ってたのは神社です。
今日は、もちろん家の中で、「ざまあみろ!」と申しました。bleah
こんな私もバチが当たるかもしれませんが。
これからは清く正しく美しくお参りします。

投稿: Regen | 2009年11月21日 (土) 19時05分

師匠。
柿の話では 師匠の事を思い出しましたって。
ま、この話は 柿を頂いた時に聞いた話なんですけどね。
 あ~~~~~~~~~~、美味しかった。
近かったら お届けしますのに・・・・・。
でも、今年はおじさんの所の柿もカラスに突かれて 
た~~~っくさん 捨てたんですって。
カラス、食べるものがないのか???

投稿: たー | 2009年11月21日 (土) 19時43分

酒屋の店長さん。
そうらしいですよ~~~。
本当だと おじさんは言い切ってました。
ま、信じるも。。。信じないも・・・・
ですけどね~~~。

投稿: たー | 2009年11月21日 (土) 19時45分

みちるさん。
どうしても、切らないといけないときもありますものね。
そういうときには 誠心誠意お願いするってことでしょうね。
頼みごとがっかりしても 
    誰が聞くかい!!
って・・・・・・、日本書紀だってなんだって・・・・。
割と神様って・・・・。人間臭いもんね??

投稿: たー | 2009年11月21日 (土) 19時49分

Regenさん。
「参らん神さんにバチは当らん」っていいますですよね??
あれってのは ゲタに付いた土にでも 「返さんやっちゃ!」ってお叱りを受けるってことなんでしょうかね??
 「触らぬ神にたたりナシ」とか。
やっぱり 神様は いじっちゃいけないんですよ。
昔の言伝えには 意味があったりするんですよ。
その土地はいじっちゃいけないとか。 学術的には地層だとか断層だとか 水害だとか・・・・・。
難しい事云っても浸透しないから 「神様」とか「行儀」とかでくくってたりするんですよね。
 そんな気がします。

投稿: たー | 2009年11月21日 (土) 19時56分

神社とかの木は 切っちゃいけないって 聞いたことある。
枝もなんだ。元から抜いたりしてはいけないってことかと思ってた。
柿の話も面白い。確かに田んぼのスミによくあるね。
柿 今年 毎日のように食べてる。お弁当には いいのよね。
この時期は 柿。しかも奈良産をなるべく選んで買ってるわ。
今年は おいしい気がするわ。
今も冷蔵庫に4個あるよ。

投稿: 夏みかん | 2009年11月21日 (土) 21時13分

夏みかんちゃん
え~~~、奈良の柿って東京まで出回ってるんだ~~。
刀祢柿とかが有名だったりするらしいけどね~~。(発祥の地?)
でもさ、柿を冷蔵庫に入れるのか?
そうなのか・・・・・・。
そうよね、寒い時期に出来る果物だもんね。入れるのか。
渋柿だって手を加えれば食べられるし~~。
柿渋は防腐剤にもなるし~~、使う所が多かったんでしょうね~~。
 

投稿: たー | 2009年11月21日 (土) 21時20分

あら!
リンク先に名前をのっけていただけてる!
うれしいです♪
・・・のんびりそちらの道に・・・行けるかな。
進歩の度合いは牛歩並みですが
お茶の話を書き込むのに
張り合いができました♪

投稿: みちる | 2009年11月22日 (日) 00時24分

みちるさん。
紅茶道・・・・・・。
ワタクシ、口ばっかりで 牛歩どころか
カタツムリ並み。
テストだとか なんだとか くっちゃべってるエライサンもいらっしゃるようでございますが・・・・・・・・。
   ご勘弁を・・・・・・。
ユックリたのしみましょうではございませんか!

投稿: たー | 2009年11月22日 (日) 09時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/32236926

この記事へのトラックバック一覧です: おじさんの はなし。:

« 世紀の大実験。 | トップページ | ごえもん 耐える。 »