« おにいちゃん農場のその後。 | トップページ | 店番たのし。 »

2009年7月 4日 (土)

父の趣味。

ワタクシの父は 多趣味でございました。
ワタクシが物心ついてからの父は仕事をしている姿と 
フヒャフヒャ云いながらゴルフに行っていた姿しか覚えがないのですが
若いときには そりゃ~~~~、た~~~っくさん
色んな事をしていた模様でございます。
で、そんな事を全部教えてくれたお陰で 
ワタクシ ちょびっと物知りでございます。
P6290039
得意分野は 奈良における昭和10年代の男子の遊び場とその使用方法。

昔の事を良く知っていると たまに言われますが そのせいでございます
ワタクシの頭の中は昭和15年位からの記憶が植えつけられているのでございます。
洗脳? 見てきたかのように 頭に残る 父の幼少時代。

で、そんな中から 本日ご紹介するのは

      鳥。

バードでございます。
鶏を飼ってたんじゃないです。
飼っていたのは ルリビタキやシジュウガラだのヤマガラだのメジロだのでございます。
P7040084
これ、飼ってた時の道具のほ~~~んの一部。
カゴは全部で30個以上あった模様でございます。
その中でも 一番高価なカゴは 折り畳んでコンパクトになるタイプだと 鼻を膨らませて自慢していたものでございます。
現在 そのカゴは
P7040035
見つからない物リストに載ってます。

・・・・・・・・。大事な物ほど 仕舞い込んで見当たらない。
人生なんてそんなもんです。

なんの為に これだけの鳥を飼っていたかといいますと。
P7040088
メジロの鳴かせる会に出場していたから。

これ。今ではきっと違法になっていると思われます。
昔は全国で行われていた 競鳴会ではございますが
 野鳥密猟とか違法飼育などに引っ掛かるのでしょう。
P7040096
五番勝って? 聞いとけばよかったな。
昭和20年代はまだ そんな法律もなく ご隠居さんの道楽のような・・・・。
だって お金が掛かるらしいんですよ。
横綱とかになるには いい鳥をゲットしなくてはいけないらしく。
高額で 買ったりするらしいんですね。
そんな お金のかかる趣味を
P7040089
父ちゃん。昭和10年7月生まれ。・・・・・・・・。
14歳と9ヶ月で横綱ですかい。 ガキのくせして金かけてんな。
      おとうちゃん・・・・・・・。


若干14歳が一人で会場に乗り込み おっさん相手に 堂々と横綱を勝ち取って来るってんだから 気持ちよかったでしょうな。で、
    どこから そのお金は出てたんでしょうかね?
P7040097
「都司」ってメジロは 前頭から大関まで出世したのか?

ま、山に行って 囮の鳥をカゴに入れ。
その上にトリモチつけた棒を立てておけば 面白いほど獲れたそうですから
自分で物にしたのでしょう。それを売ったこともあったでしょうね。

獲ってきても ヘタクソな鳥は何時までたっても鳴くのがヘタだそうで。
そういう場合は 上手に鳴く鳥を 横に置いて 教育するのだといっておりました。

 競鳴会は 字の通り 決められた時間内に どれだけのサエズリをするかを競うと言うもの。
何回鳴いたかをカウントし、多く鳴いた方が勝ちのようです。
P7040094
P7040099 
会場は奈良では漢国神社でよく行われていたようですね。
遠方では和歌山まで行っていたように聞いております。
 昭和25年に鳥の為に 高校生が和歌山まで行くのも贅沢な気がしますね。

 で、多く鳴かせるには エサを調合し 日照時間も 繁殖の時期と同じにしコンディションを整えると言っておりました。
 どの鳥をどの会に持っていくかによって 日を当てる時間もずらしていたのでしょう。

 こういうのは 鳥につきっきりでしないといけません。
 ですから ご隠居さんの道楽とも言われるのでしょう。

・・・・・・・・・・・・。おい!14歳。 どこにそんな時間があったんだ。

 金と時間はどこから捻出していたのかは 口笛ふいてはぐらかしておりました。

P7040090
東の横綱が 一番上なのかいな?

おとうちゃんは オオルリの声が一番スキだと云っておりました。
何時も奈良公園や奥山を歩く時には 双眼鏡を持ってました。
それと
P7040103
この笛を持ってました。
P7040107
こちらは まったく笛ラムネと同じものでございます。

これで なんの鳥を呼んでいたか・・・・・。忘れてしまいました。
P7040110
こちらは 本当に良く使ってました。
押さえると 低音。
P7040109
放すと高音が出ます。 本当に甲高い高音です。

これを使いこなすと「ツツピー」という泣き声になったり。
メスの地鳴き?にも似せたりしていたと思います。「ツピーー」ってのもあったな。
自分で作ってます。
 この音がいいのでないと 鳥が寄ってこないのだと自慢しておりました。
口笛でも鳥を呼んでました。 普通の口笛ではないです。
独特な音色でございます。 
口笛の吹くのに失敗したようなかすれた音です。
ワタクシ。それは出来ます。 得意です。
今でも時々 それをやっては 返事してくれる鳥の居るのをたのしんでおります。

今では家の周りは スズメよりも メジロやシジュウガラの方が多いですから。

この趣味は 父が14歳頃から18歳までの間で終わった模様です。
高校を卒業してからは 家業を継ぐべく仕事に専念するため
全ての鳥を手放しました。
後年 もう一度鳥を飼いたいとも云ってましたが
P7040040
犯罪者になりますね・・・・・・。

法的に無理!でございました。
P7040111
こんだけ 幕内に入れてればいいんじゃね?(これでも一部)

ま、悔いの無いほど 鳥に関しては 楽しんだんじゃないでしょうか?
そんな気が致します。

 この父にしては なんと無趣味な娘でしょうか。
 趣味は?と聞かれても これに匹敵するくらいのめり込んだ物がワタクシにはございません。
 なんでも薄~~~~く、広~~~~く・・・・・・。
 何も身に付いてないのが 悲しい・・・・・。

人生これからでございます!!! そのうち 「バカじゃないの?」と思われる程のめり込む趣味が出てくるかもしれません。
 だって・・・・・・・・。父の血を受け継いでますからね・・・・。
一番父に似ているのが私だと・・・。家族が言うモンですから。


 残念ながら 顔は 母似・・・・・・・。












 



|

« おにいちゃん農場のその後。 | トップページ | 店番たのし。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

懐かしい!
メジロは、私もやってました。
20年くらい前の話ですが、嫁の実家が山奥で、さまざまな動物を飼っていて、その中にメジロがいました。
新聞紙で覆って運んだり、よく鳴くようにトレーニングをさせたり、イタチや猫から守らないと一瞬でやられちゃいます。
最後は、多分イタチにやられちゃいました。気が付くと籠だけ残ってました。
黙ってやると違法ですが、登録や手続きが面倒臭いし1羽しか登録が出来なかったように記憶しています。
捕まえて(期間があったような・・)、お手伝いをしたことはあります。

投稿: masa | 2009年7月 5日 (日) 00時11分

師匠・・・・。
この話題もフィールド内でございますか???
ちくしょう!(ナニが?) どこまで 範囲が広いんだか。
・・・・・・・・・。師匠、違法じゃないんですかい?それともそんな野生動物を捕っていい 資格をお持ちだったのでしょうか?? お父様・・・。
なんにしても すげ~~な。 それも知ってたとは・・・。
 おじちゃんもメジロを飼ってたそうで、そのメジロはほれ、おみくじとって来る鳥?知りません???
 いっぱいある紙の中から 何番か取ってきて人に渡すの。
で、その番号のおみくじ貰うっての?
アレを教えて楽しんでたそうです。
昔はよく野鳥を飼っていたんでしょうね~~。
 ・・・・・・・・。他にはどんな動物を飼ってらしタンでしょうね?
それも 知りとうございます。
 父は死ぬまで鳥屋さんには行って 鳥を見ていたみたいですけどね。・・・・・・・・・。それは完全に違法です。 でも 知り合いになら見せてくれるみたいです。 とうちゃん。そっち方面ではちょっとした顔だった模様です。 ・・・・・・・。何処にあるかは知りません。ワタクシ。

投稿: たー | 2009年7月 6日 (月) 02時06分

私の田舎でも,父や伯父や,近所のおっちゃん
がやっとりました。
田舎でございますので,ブツは自力で調達して
いた模様。

山に,メジロが群がるほど止まりにくる木が
あって,私も,子供の頃,その木の枝に
トリモチを付け,切ったミカンをさして,
かかるのを待っていた記憶が・・・。

ど田舎なので,きっと,まだ法律が施行されて
いなかったのでしょう・・・・・。 

投稿: カメ母 | 2009年7月 6日 (月) 11時31分

カメ母さま。
そうそう~~~~。未だにやってる方々もいらっしゃるんですって。 取り扱う鳥屋さんも。 で、摘発されてるそうです・・。

 今でも競鳴会ってのは、あるんでしょうかね??

カメ母さまも、ご存知でしたですか。鳥の捕り方。
ブンタン畑を駆け回ってる姿が目に浮かぶ・・・・。
・・。で、その実態は 神童。 だったんですね。
すげ~~~な~~~~~。
それに較べて
トリモチ持って 同じように駆け回ってた我が父は 

   猟銃へと シテップアップして行くのでございました。

曲がる角が違うと 結末はこうも違うものなのですね・・。


投稿: たー | 2009年7月 6日 (月) 21時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/30407524

この記事へのトラックバック一覧です: 父の趣味。:

« おにいちゃん農場のその後。 | トップページ | 店番たのし。 »