« 姐さんの頭の中。 | トップページ | 最初の一歩。 »

2009年6月29日 (月)

川面を泳ぐ 白鳥のごとく・・・。

こほん。
ワタクシ。実は 町家に住んでおります。
P5130001
ウソです。正確には「町家の裏の家に住んでます」です。
・・・・・・・・・。細かい事はどうでもいい!
内情は 町家の掃除の為に住んでいると云うのが正解の気がする。
     管理人と言っても過言ではない。
そんな町家ライフの 一大イベントがやってまいりました。

     襖の入れ替え。

でございます。    冬は
Dsc01010
こんな感じの玄関の間。(写真古いけれども変わってるところナシ。)

夏は
P6270009
・・・・・・・・・・・・。襖が 夏に変わってますが?
気がつきましたか????

写真が悪いのはいつもの事だ。
あとは皆様の想像でカバーしてもらおうではないか。

P6270011
所々が 夏バージョンでございます。

風流ですね~~~。いかにも町家ではありませんか~~。
これで 夏が来た。 と言う気になるものでございます。
優雅ですね~~~。・・・・・・・・・。

     見てるだけならな。

あなた!普通の日記だったら それで終わりでしょう。
ここを何処の日記とお思いで???

    たーの日記ですよ? こんなんで済む訳がございません。

あぁ~~た! この入れ替え 大変なんですわ。
まず。内蔵から これら建具を出してくるのが大変。

P6270002
    ※大変な所を写真に収めようと思いましたが 道義的に如何なものかと。
      はっ倒されそうな気がしたので 報道は諦めて一生懸命働きました。
      ナノで心和む画像をお楽しみください。


1階部分の一部分だけを交換するにしても 15,6枚の建具を入れ替えるわけで。
P6290063
蔵との渡り廊下も長く感じる訳ですね。(そんなに遠くない)
廊下渡った所で 半分です。
しかし、建具は思いのほか軽い構造になっております。
・・・・・・。それが良いんだか悪いんだかは 知りませんが
大変軽いです。ヒョイヒョイです。
全部が木で出来てます。釘1本使ってません。
出し入れの事を考えて軽い木材を使用している模様です。

ですが。狭いのに 大きな建具を振り回すものですから
ドガンドガンと回りに当ってしまいます。
そこの所を慎重にまず。全部出す。
で、遠い場所の順番に入れ替えて。
冬物を蔵に仕舞えば終わり。
P6270005
簡単そうやないかいな?

そうね~~、書いちゃえばね。
     
       立てつけのいい建物ならな。

ピッチリいかないのが 古い家ですわ。
ビー玉が転がる事は無くっても
 敷居や鴨居が微妙に 下がったり上がったりですわ。

そうなると 簡単には 襖が外れない。
P6290018
このね。畳との段差。(敷居の方が下になってる)
これのお陰で 襖が取れない。あと数ミリの事なのに・・・。取れない。

で、どうするか。    それはね。

 畳を上げる。

・・・・・・・・・・。畳をずらして 敷居の高さで 外れる様にするわけです。
全ての箇所がそうではありません。
1箇所だけそういう難関があるのでございます。

後の所は 簡単に 入れ替えられたり。
二人ががりで鴨居を腕で持ち上げ 敷居を思い切り踏みつけて
残り一人がその間に襖を外すと・・・・・・。 人間ジャッキです。
「せいの~~~、ふんっ!!」と云った具合です。

襖の入れ替えは チームプレーが 大切。

今度は入れる番ですね。
入れるのには 何処のレーンにどれを入れるか決まってる訳です。
ですから 鴨居には
P6290052
このように 印がしてあるわけです。
その印と同じものをはめればいいだけ。

      いいだけなんだがな。

ここで、問題が生じます。
これを書いた人は 冬物と鴨居には印を書いて
   夏物に書くの忘れてるし。
・・・・・・・・・・。それに代々入れ替えていると その司令官も代替わりすると。
そうしたら、自分の番号を入れたがると。
P6290049
・・・・・・・。何種類の印がいるのだろう。

終いには 書くところがなくなるのではないかと思われます。

でも、そのお陰でどれかが合致して 皆で協議の結果 位置を決めると。
毎回この作業が 一番時間が掛かるかも。

P6290039
ちゃんと書いとけば良いんですよ。

そうです、ですから今年も1つ印が増えてしまいました。
これで暫くは なんとかなりそうな気がいたします。


どうよ!この連携プレー!
そんなこんなで 1時間半。

なんとか出来上がりでございます。

夏への衣替えは 川面を泳ぐ水鳥の如くです。
優雅にみえるでしょうが それをするには水の下で必死に水を漕いでるわけですね。
そう、必死で 襖や障子を替えてるわけです。

どうよ!こんだけ 赤裸々に入れ替えレポートしてる家
        無いですよ。
P6290020_2
夏に入れ替わった 家の中は・・・・・・。

 光が反射しないから めちゃくちゃ暗いぜ!(茶一色!)

・・・・・・・・。照り付ける夏の日差しから 逃げるようにして駆け込んできた家の中が
薄暗いのに 風通しがいい。
これが なんとも 落ちつくんですけどね。

 ほんのりと差し込む光の柔らかさを感じられるのも 町家の良さかもしれません。


・・・・・・・・・・・・・・・。クーラーの方が涼しいけどね。

これから 暫くは 夏バージョンのたー家でございます。

     風流なことには 努力が必要と言う話でございました。

 




 

|

« 姐さんの頭の中。 | トップページ | 最初の一歩。 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

有形文化財としては、仕方あるまい!
襖ひとつも、いとおかし。

もうすぐ蚊帳のご紹介ですな!

投稿: masa | 2009年6月29日 (月) 23時53分

情緒ある町屋に憧れます。

夏はそれなりの風情があってよいですね。
風鈴吊るして、蚊取り線香を....。

投稿: turkey37 | 2009年6月30日 (火) 21時44分

たーさんの名言をいくつか発見。
>町家の掃除の為に住んでいる
> 川面を泳ぐ水鳥の如く
>風流なことには 努力が必要
>見てるだけならな。

ホント、見てるだけで申し訳ないですが coldsweats01
涼やかな初夏を有難うございます。

投稿: Regen | 2009年6月30日 (火) 22時37分

風流だね。これが 日本の夏。奈良らしい夏だわ~。
いいわ~。
でも そんなに大変なんだ。
よく1時間半でできたものだね。
もっと かかりそうに見えるよ。
うちは 網戸の掃除がちょっといや。
天井まである大きい窓の網戸は 風呂場で洗う。
でも 持って行くのに 天井やら壁やらにぶつけまくり。
買ったばかりだった頃 それで 気分が凹んだ。

投稿: 夏みかん | 2009年7月 1日 (水) 09時17分

 町屋 > にゃん姐さん > ゴエちゃん >  水かけ金魚
 
 お宅での序列は,このような順番だと思われますが,
 ターさんの位置は?
 にゃん姉さんより右,ゴエちゃんと同列か?それとも
 一番右,皆の管理人(しもべ)か?

 私,毎日,外で,ずーっとまじめなフリをしているため,
 脳みそが腐りそうです。
  アホウ全開の話ができるのを待ちわびてます!! 

 
  

投稿: カメ母 | 2009年7月 1日 (水) 15時15分

お疲れさん。

入れ替えが大変なのでやめているところが多いですね。
我が家の襖は何箇所かはずせません 笑

>畳を上げる。
一度試してみよう 笑

投稿: yasounara | 2009年7月 1日 (水) 15時50分

masaさん。
蚊帳か。蚊帳と来たか・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。じゃまくせ。。。。
2つ程あるぞ。 吊るか???
・・・・・・・・・・。吊ってどうすんの? 暗いよ~~~。
狭いよ~~~~。 暑いよ~~~~。(たぶん)
手伝うんならな。 
先ずは、何処にあるか捜索から手伝ってもらおか・・・。

投稿: たー | 2009年7月 1日 (水) 18時16分

turkey37 さん。
いや、憧れるよりも 現実を見てもらうのが この日記でございます。
出したは いいですが。
絶対に!絶対に!! 9月位には又もや入れ替えないといけないわけです。

      今年だけだな。 5年に1回くらいでいいや。

投稿: たー | 2009年7月 1日 (水) 18時18分

夏みかんちゃん。
実はもっと早くに出来上がったかもしれません。
仕替えないところまで夏物を出してきて・・・。
でも、冬物をしまいこんだ後で・・・。
その夏物直すのに 又全部出してひっくり返して・・・・。

 出来上がりだと思ったから 3倍疲れました。

いや~~~~、毎年しないと忘れるわ。
っていうか、後世に残すためにも しないといけないね~~。

網戸・・・・・。 あれね。 一度も洗ったことないの。
外したら 2階から1階に落としてしまいそうで・・・。
じゃあ、1階は???

 ・・・・・・・・。いい訳でした。 ジャマ臭いのでしてません。
       すみません。

投稿: たー | 2009年7月 1日 (水) 18時23分

カメ母さま。
なにをいってるんですか??私は人間ですよ?
 猫ですよ??犬ですよ??? 金魚ですよ???

・・・・・・・・・・・・・・・・。い、犬と同じくらい????

ちくしょう~~~~、猫には負けているかもしれない。
猫には姪が付いているからな・・・。バックがデカイぞ。

 おう!!!お会いするのを楽しみに致しております。
 もう、本性とまったくギャクの御硬いお仕事ですものね~~、
でも、この頃では怖いものがなくなってきて
  遠山の金さん並にタンカ切ってそうじゃないですか~~。

        姐さん!おっとこまえ!!!

 

投稿: たー | 2009年7月 1日 (水) 18時30分

Regen さん。
お返事の順番が間違ってしまった!すみません。

見てるのがいちばんですよ~~~。
一度出したら 必ずもう一度入れ替えないといけないのですよ~~。そのプレッシャ~~。
気合がいります。
いつかいらっしゃるその日まで 夏物との入れ替え。
続けましょうか・・・・。あ。来られる時は夏を避けてもらえれば幸でございます・・・。

投稿: たー | 2009年7月 1日 (水) 18時44分

yasounaraさん。
そうです!畳を上げると 入るのもが多いです。
そのための道具も揃っております。

    ウチには何でもございます!!

投稿: たー | 2009年7月 1日 (水) 18時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/30335000

この記事へのトラックバック一覧です: 川面を泳ぐ 白鳥のごとく・・・。:

« 姐さんの頭の中。 | トップページ | 最初の一歩。 »