« ごえもん 我が家に来た頃  1 | トップページ | ごえもん 我が家に来た頃 3 »

2009年1月17日 (土)

ごえもん 我が家に来た頃 2

4年前に2週間のショートステイで 我が家にやって来た ごえもんくん。

            P1120030
          待遇が悪すぎます!!! 訴えてやる!

・・・・・・・・・・。当時はそう思っていたことでしょう。
 マッタク自由に育ったごえもんくん。
 首輪ナシ、リードナシ! 生活を満喫してらしたのに
当家規則により 

          完全外犬。
     ガッツリ 首輪にリード付き生活

を 送ってもらおうじゃねーか!

 となった訳ですから。 それが当り前だと思い込んでましたから。 

      ごえもんくんが 納得する訳がない。
             P1150034
   繋がれるなんて! シンガイです! 犬じゃあるまいし。
        ・・・・・・・・・・。 犬ですよ。

我が家に来てしばらくは その環境の違いに 相当ストレスを溜めたと思います。

 ご主人様は居ないは。どいつもこいつも 心を許せないわ。甘えられないわ。
  そのうえ 自由が利かないというのが 一番の苦痛だったようですね。
 でも 人の出入りが多かったので 繋がないわけにはいきません。
 それに そんな事で 辛かったであろうなんて そのころは思いもしてませんでした。

ま、それに関しては 現状を受け入れるのが早い(あきらめが早い)方で すぐに慣れてくれたのですが(そう人間が思ってるだけかも) 
 それよりも 相当時間がかかったのは

           お散歩 & トイレット。

 我が家に来た時点で 5歳の青年。二十歳くらいですか??
 だいの大人が!それまで ほとんど 散歩をしたことがなかった模様です。

 だって、外を歩こうとすると 相当にビビり お腹を地べたに引っ付けて

             ホフク前進。

 ず~~~~~っと!ず~~~~~っと!! ホフク前進で散歩をする青年柴犬。
恥ずかしいったらありゃしない。 お腹はドロドロですしね。すれ違う人も信号待ちの車も指差して笑いますしね。 なんだか 虐待してるみたいじゃないですか。
              P1150032
      今では えらい態度デカなったけどな! 
    姐さん。遠すぎです、もっと寄ればいいのに・・。

 ごえもんくんも 罰ゲームをさせられてると思ってたことでしょう。
だってさ。 家に帰り着くなり おしっこにウンチをてんこ盛りする始末。
              P1150035
        ほっとしたら 出すもの出さないと・・・・・・・。
          
・・・・・・・・・・。

           相当 長い間そうでした。

 おしっこは 早くに散歩中に あっちこっちにする様になりました。さすが男の子。
 しかし、 ウンチのほうは・・・・・・・・・・・。結局1年はかかったと思います。

 初代柴犬ジローくんは人間に媚びるというか 甘える事をしないクールガイだったので家族は 
             柴犬は全部 人見知ラ~~。
と決め付けておりました。
ですから ごえもんくんが 我が家に来てから 直ぐに 「キュン、キュン」泣いても なんででしょうかね? と思うだけで 横に座っても「どうしたの?」と頭を撫でるだけでした。

  これも ごえもんくんには 物足りなかったと思います。
 数日経ったころ ご主人様も一向に迎えに来る気配がない。
 このままでは生活環境も 改善の見込みは望めない。
 と、ようやく ごえもんくんも
            P1140029  
    これは ここで何とか生きていくしかないのか?   

と気づいた頃から 本性を見せ始めました。
           P1080026
       背に腹は変えられません!!!

        そう、 甘え上手攻撃を開始。

 コレには 驚きました。 人が横に座ると股の間に頭を突っ込んで 人間をコカス位の勢いで体を摺り寄せる! それどころか 人のひざの上によじ登り ダッコを要求。

 柴犬が 猫のような行動を取るとは 想定外!

       メロメロパンチを食らってしまいますた。

そうよ!!!そうなのよ!!! こんな「癒し犬」が世の中にはいると聞いたことはあったわ。
   人を頼って 人に甘えて 人の顔をじっと見て!!心を読むようなしぐさをする。
 そっと寄り添ってくれる そんな貴方が 大好きだーーー!!!

 そう 気が付き そして ごえもんくんも 「お願いします」と ワタクシを頼るようになったころ。

   ごえもんくんの我が家滞在期間が終わろうとしていたのでありました。

            どうしましょう!!!!

    まだまだ つづいちゃった・・・・・・・・。スミマセン。

 
 


 

|

« ごえもん 我が家に来た頃  1 | トップページ | ごえもん 我が家に来た頃 3 »

ごえもん」カテゴリの記事

コメント

どこまで引っ張んねん!
第三話で完結?
替わりに喋ったろか?
食い物を察知すると、スーパーサイヤ犬に変身することを知っているわたし。

でも、おもろい芝犬です。

投稿: masa | 2009年1月18日 (日) 01時35分

もともと、よその家のお犬だったのになぜ???
捨て犬を拾ったとか、里子でもらっって、途中から飼い始めたという話は聞いたことあるけど、飼い主がいたのに・・・ってのは。
2週間ホームスティ後の運命の瞬間が早く聞きたいです!

投稿: MIAW | 2009年1月18日 (日) 10時09分

masaさん。
そうよね。 今回で終わりになるはずだったのに・・・・・。
そうだわ。書き足らない事は そちらの方で書いといて下さいな。
 ご飯の手配から 最初からしってるんだもんな。
 
ごえもんくんの 得意技は 「よだれビーーーム!」です。
けっして 汚してはいけないズボンで当店に遊びに来てはいけなくってよ・・・・・・。
 あ、被害にもうあってるわね。

投稿: たー | 2009年1月18日 (日) 22時00分

MIAWさん。
 ごえもんくんは可愛がられて 可愛がられて育った子です。
 ごえもんくんの事を思って 泣く泣く手放されたことと思います。

 ま、今は室内犬を飼ってらっしゃいますが。 犬のいない生活は考えられないんだと思います。
 決して イヤになって手放された訳ではないんですよ。

 だって、ちゃんと 次の飼い主を探されましたもの。
 心無い方でしたら 保健所に持って行っちゃいますモン!

投稿: たー | 2009年1月18日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/27204966

この記事へのトラックバック一覧です: ごえもん 我が家に来た頃 2:

« ごえもん 我が家に来た頃  1 | トップページ | ごえもん 我が家に来た頃 3 »