« おいしい大福 ご紹介。 | トップページ | 楽しい日になりますように。 »

2008年11月26日 (水)

ムトウハップ!がんばれ!

六一〇(ムトウ)ハップが製造中止になったそうです・・・・・。
ムトウハップとは イオウ成分の入った入浴剤。
硫化水素自殺騒動の影響をうけたんだとか・・・。
 
  いい商品なのに 本当に残念です。

 ムトウハップの使用方法は お風呂に入れて入浴剤にする他
 何倍かに薄めて 水虫等の患部に塗布する。
 何十倍かに薄めて 皮膚の患部に浴びて その後キレイに洗い流す。

 等々 アトピー、皮膚病・・、お肌のケアには 大変有効なお薬です。
 それは 人間だけに有効ではなく 動物にも お薬として使用可能。



 そうさな~~~~、 あれは ワタクシが小学校の高学年の頃だっただろうか。
 姉は インコを飼っていました。
 そのインコはよく皮膚病になりました。
 鼻の辺りが カサカサになる病気。「カイセン」とか言ったと思います。
            Cocolog_oekaki_2008_11_26_20_48
 この、鼻の辺りが 反り返るみたいな・・・・・・。

 こういう時に よく効く薬が「ムトウハップ」。
 綿棒でだいだい色の イオウくっさい 原液ををちょちょいと塗ると
     あ~~らフシギ。 治ってしまいます。

 直に治るのは良いんですが このムトウハップは500mlや1ℓと 容量が大きい商品でして 使用するのは 綿棒4回浸す程度。

 そうですね。 マッサラの状態でいつまでも家にある訳です。

 さて、ワタクシその頃 頭に傷が出来たのをきっかけに フケのようなカサブタのような物がゴロゴロと存在するという 厄介な事になっておりました。
 触らなければ治ると思われますが 気になったら そればかりいじってしまうお年頃。
 その患部はまさに インコの鼻と寸分の違いも無く・・・・・。
 姉が 有無を言わさず 塗ったのも わからんでもない。

         ムトウハップの原液を頭皮に。

 ・・・・・・・・・。知ってる人は分かると思いますが この原液 大変臭いです。
 イオウの臭いがたまりません。 
 冒頭にもいいましたが 人間に塗布する場合は 薄めます。
 用途に合わせて その薄め度合いが違うものなのですが
 ワタクシが高学年ということは 姉は中学生でしょうか。
 そんな事まで 考えるわけも無く。 インコと同じ扱いですわ。
 って 言うか 原液を人に塗って良いとは 思えない・・・。 いけない気がする。
         Dsc07263
    そんな荒療治が 功を奏するわけもなく・・・・・・。

 結局 お医者様に行くことになりまして・・・・。
 ムトウハップを塗ったくったまま お医者様に GO。
 お医者様。 患部を見るなり
  「何か塗ってます?」と。
 一緒に行った母が
  「えぇ、ムトウハップを・・・・。」(母も承認で塗っていたのが凄い)
 お医者様 慈悲に満ちた目をワタクシに向けて
  「かわいそうに・・・・。臭いますね・・・・。」
          Dsc07251
       ・・・・・・・・・・・・。言われてるやん。 ダメやって・・・。

まったく 素人は困ったモンです。 しかも中学生は 程度をしりません。
 よく 友達は 臭いのなんのと いじめずにいてくれたものだと思います。
 
 そういう使い方をするモンじゃないし。
塗布には カイセンとか水虫とか 菌系に効くのであって
 傷には合わないですから・・・・・・・。

 ムトウハップといえば 今でもすぐに 我が家では
  
   「頭に塗ったなーーー」

 と いう話に 必ずなるのです・・・・・・。
 良い思い出でも ないっすけれど。
 
 そんな 思い出深い ムトウハップ。
 100年以上の歴史のある 優れた品物でございます。
 それが無くなるのは 大変悲しい・・・・・。
 お風呂に入れると 白く濁って温泉気分。
 一世紀も前に入浴剤があったって言うのが またすごいですよね。

 その他 色々と調べてみると 用途は沢山ある模様です。

 間違った使用方法のお陰で 1つの歴史が消えるだなんて 許せませんね。
 

 ここは 武藤鉦製薬さんを 応援したい!
           Dsc07248
           どうやって?
・・・・・・・・・・・・・。微力ながら・・・・・・・・。
 エールを送る位しか 出来ませんが・・・・・・。

   ガンバレーーーー!!!
         ムトウハップ!!!!

 



 
  

|

« おいしい大福 ご紹介。 | トップページ | 楽しい日になりますように。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ワタシ ニホンニキテ マダ ワカイネ。1セーキマエノコトハ ワカラナイネ。ナラマチノ ターサン ニ キクト ナンデモ コタエテモラエルヨ。
マジで、ムトウハップなるものを知らなかった。勉強になりますねぇ。

投稿: masa | 2008年11月27日 (木) 00時45分

知ってる~!でも、製造中止とは知らなかった・・。
ウチは、ヤングビーナス派でした。(そんな派あるのか?)
別府温泉の湯の花、これはいいにおいでしたよ。
原液(粉)をこすりつけてました、うん。
でも、これはいいにおいやから、ね。
あ、たーさん遅ればせながら、
happy birthdayclover

投稿: ゆかりん | 2008年11月27日 (木) 01時06分

なつかしいですねー、610ハップ。
でも、実家も自動給湯器に替えてから、機械に悪いということで
買わなくなってしまい、もう何十年と610ハップのお湯には入ってなかったのです。

>>さて、ワタクシその頃 頭に傷が出来たのをきっかけに フケのようなカサブタのような物がゴロゴロと存在するという 厄介な事になっておりました

私も小さい頃になったことがあります!でも、私のは猫が持ってきた菌じゃないかと母が言っていたので、、そのとき610ハップを塗ってみればよかったです。

投稿: MIAW | 2008年11月27日 (木) 12時45分

インコの目の位置が気になって眠れない・・・
もちょっと横にしてっ←六一○ハップよりそこ?

投稿: すず | 2008年11月27日 (木) 16時33分

masaさん。
何を言ってるんだか・・・・・・。
 ず~~~~~っと!年上じゃないですか~~。
 ず~~~~~~っと!!
実は私も 薬としたしりませんでした。
 入浴剤だったとは。
母は知っていたようですが どうやらフロ釜に悪い気がして使わなかったようですよ・・。

投稿: たー | 2008年11月27日 (木) 18時17分

ゆかりんさん。
や、や、ヤングビーナス????
しらね~~~~~。
調べましたよ。 50年の歴史があるんですね!
そっちで育ったのですね~~~。
 
 ありがとうございます!!!

また 1つ歳をとってしまった・・・・・。

投稿: たー | 2008年11月27日 (木) 18時21分

MIAWさん。
 なつかしいでしょ~~。。
 ウチも同じで 風呂釜 優先でした。
 母は知ってたらしいですが 
 私たち姉妹は 「鳥の薬」としか見て無かったですよ。

 MIAWさんの傷は それで治ったかもしれませんね!

     原液を塗るのは 止めたほうがよいです!
 

投稿: たー | 2008年11月27日 (木) 18時24分

すずさん!!!!

 何処から見たって! 

         黄色いインコにしかみえねーーし!

         最高傑作だし!!!!!

 芸術ですよ~~~~。
 うんも~~~~~! わかってないな~~~。

         巨匠 たー の 芸術を。

投稿: たー | 2008年11月27日 (木) 18時26分

「ムトウハップ」が正しい商品名だったのですね。
うちでは「ムトハップ」と呼んでおりました。

犬の皮膚薬だとばかり思ってました。
修学旅行で行った、阿蘇山の匂いがしました。。。。

(すっごく話題に遅れてます)

投稿: せみみん | 2011年2月28日 (月) 14時00分

せみみんさん。
この「ムトウハップ」は今でも毎日誰かが検索して下さる日記なのですが・・・・・。
内容が薄いのに 見てガッカリ!のことでしょうねぇ・・・・。
申し訳ない!
久し振りに見て 本当に 申し訳なくって・・・・・・。

イオウが膚にいいんでしょうね。
希釈によって色んな物に効くみたいですよ。
人間にもOKですしね。

投稿: たー | 2011年2月28日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/25671547

この記事へのトラックバック一覧です: ムトウハップ!がんばれ!:

« おいしい大福 ご紹介。 | トップページ | 楽しい日になりますように。 »