« 何でも 初めはあるものです。 | トップページ | 会話はお宝。 »

2008年5月 6日 (火)

山頂には 不思議が一杯。

若草山の山頂。一番高いところは標高342mです。
そこは 
             Dsc02882_2
鴬塚があるところです。  なんだか鎖がしてあって 入ってはいけない気がするんですが
          入ってる人がいっぱいいらっしゃる。
いいのかしら?  
この 古墳は前方後円墳の形をしているという事ですが、近くで見ていると
              全然  わかりません。
なんでも  清少納言の「枕草子」のうぐいすの陵がこれかも?ということで古墳の名前がついたとか・・・・。 ということが     
             Dsc02896_2
 この 説明文にのっております。  詳しくはこれをクリックすると大きい写真になるので読んでみてください。   奈良ソムリエ検定に出るかもしれませんよ!!
            はい!ここ注目ーー!!
 と、写真を撮っていると 姉が 「なに??これ!」と言ってます。この下に
             Dsc02898
植物が根を下ろしております。 こんな吹きっさらしのところで、たった1本ひっそりと。
一体何の種類でしょう?
             Dsc02897  
葉っぱの形は、  漆? にはこんなにトゲがないですよね。 ひょっとして山椒?
葉っぱの匂いを嗅ぐと やっぱり山椒です。 それにしても ちょっとでっかい葉っぱです。
    「うわ~~~~。なんやこれ?ほんまに山椒かな!」ってまたまた姉が裏側から声を掛けて来ます。 裏に回ったら この葉っぱの左側にまだ伸びている枝が 看板の裏側に回りこんでいたもようです。
             Dsc02899
そして 前側の10倍はあるかと思われる 巨大な葉っぱが生えてました。
どれくらい大きいかというと
             Dsc02900
これくらい大きい!! ヘタクソな写真なのでイマイチ分かりませんか?この1つの葉っぱが
             Dsc02901
一般平均からすれば相当太い(少々短)人差し指 よりずっと幅広で長いです。
これは 特殊な山椒なのかしら? それとも 若草山に生息するとおおきくなるんでしょうか?    不可思議です。 なぜ、この木がここに生えてるのかも  不可思議。         
  おぉ~~、そういえば 若草山で暮らすと大きくなるっていうと
             

     




          気持ち悪い 写真が出ます。注意が必要です!
  












  シャも何にも掛けてませんから、 ストレートに出ますから 本当にいいですね!























             Dsc02828
それがコレ。相当でかい ブリッブリ!の虫が 道で潰されておりました。
ちょっと見は   ダンゴ虫に見えたのですが 今 マジマジと見ると・・・・・・・。


              ゴキちゃんか?   そうなのか???



 そうだとすると、 家にはいないね。こんな奴。 
 コイツは生前は どれほどの速さで移動可能だったんでしょう?
頭の中では ダンゴ虫だったので ゆっくりなコイツの動きを想像してたのですが、
ゴキちゃんとなると、 このグロテスクな容姿で それなりのスピーディーな身のこなしをするとなると・・・・・・・・、
            こ、こ、こわいよ~~~~~。
  !!!!   だからか、だから 道の真ん中でペッチャンコになってたのか~~。
 日夜 キッチンでこんなのと ファイトしている主婦層が 目の前を通りかかったコイツを反射的に 踏んづけたなか~~~~~、  と 想像を膨らませて楽しんでた 今日の午後でございました。

  もうすこし(もっと、もっとか?) 高尚で優美な物で空想を膨らませたいですよね。
 次回は 知性溢れる 内容にしたいと思っております!!

               乞うご期待!!!!!!

           
って、いうか、山頂にはもっともっと 素敵なものがあっただろうに・・・・・。
              Dsc02880
こんなのとか 色々あっただろうに、あえて これというのも・・・・、ねぇ。


        たぶん 次回も 期待はずれになると思いますが・・・・・・。

           乞うご期待!!!!!                                                                                                                     

|

« 何でも 初めはあるものです。 | トップページ | 会話はお宝。 »

ざ・奈良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/20806818

この記事へのトラックバック一覧です: 山頂には 不思議が一杯。:

« 何でも 初めはあるものです。 | トップページ | 会話はお宝。 »