« ビオナーデ 売るどーーー! | トップページ | 梅雨になる前に。 »

2008年5月16日 (金)

晴天 万歳!

ずっ~~~~つお!待ってました。
晴天を!
              Dsc03064
ごえちゃん物を 全部洗濯!  2時間で乾く!  晴天万歳!
もう、雨が続いて 洗いたくってウズウズしてました。
・・・・・・・・。 綺麗好きとお思いですか?   ・・・・・・・。違います。
人それぞれ 基準がありまして・・・・・。 
 他の物は ウジが湧いても平気でも(そこまででも・・・)
 犬ものは コマメに洗いたい。 ただそれだけ・・・・。
              Dsc03065
 今回は ごえもん愛用のブタもお洗濯。 
 あまりに愛しすぎて 目鼻口が無くなってしまった。  過激な愛。
              Dsc03066
乾きが悪いので 背中も日に焼いてもらいましょう。 ・・・・・。何だかセクシー。
もっと早く乾いてほしいので
              Dsc03067
串刺しにしてみる。    それでもセクシー。
              Dsc03075
              エライ目にあったのよ! 聞いてって!寄ってって!
ついでにごえもんも洗う。 いつものごとく 悪い事をされたと訴える。
              Dsc03077
               汚されたの! まったくクサイったらありゃしない!!
いや、シャンプーの匂いなんですけどね。
洗ったのに、もう一度 よだれで拭きなおすイヤミな犬。 
迷惑なのか? 洗ってはいけないのか???
              Dsc03079
              まったく!みんな匂いが違う!イライラする!!
全て洗いたての環境も お気に召さない模様です。
すべて自分の臭いをつけ直しらしく 大変ご機嫌斜め。
              Dsc03082
             ブタ!!!お前もかーーーーーー!!
ブタまで匂いが違うと言って ご立腹。
香りが変わると 愛も冷めるの?   ブタにはなんの落ち度もないのに お可哀想に。


 こうして 犬や猫がいるのが当然で 空気のように暮らしていると
 この子達が 自分より先に逝ってしまう事を 忘れてしまいます。
 そんな事を 考えたくもないのですが 
 毎日とても楽しみにしているブログでつれづれなるモナカがございます。
 その中でも 強烈なキャラで私の心を鷲掴みにしていた チャーリーことチャリ男社長が天国へと旅立ってしまったそうです。
  こんな 片田舎から ご冥福をお祈りいたします。
 そのブログにコメントも何にも書いたこともありませんが(あまりに有名ブログで恐れ多い)、本当にショックで・・・・。
 いつか、この子たちも 遠く抱きしめられないところにいってしまうのかと思うと・・・・。
 もう、他人事には思えないのです。

 私に出来ることは きっと いっぱいいっぱい この子達と一緒に 笑って楽しむことなのかな~~~。

 でも、たぶんどれだけ一緒にいても 後悔しないということはないのかもしれませんが・・・。
                Dsc02804
              そう思うんやったら、紐をつけるのは やめ~~~!!
・・・・・・・・。これからは 紐をつけて散歩をしようだなんて 思わないようにいたします。
姐さん、もう13歳ですからね。 無理はやめましょう。
・・・・・、でも、まだまだ お若いですよ。 人に手をあげる時なんか もう、少女の様に俊敏ですもの。
 みなさん!どうか長生きしてくださいね。 お願いしますよ。
                               
              

|

« ビオナーデ 売るどーーー! | トップページ | 梅雨になる前に。 »

ごえもん」カテゴリの記事

コメント

たーさん。コメントを非公開にできないようなので、すごく長くて申し訳ないけれど、やはりお伝えしたいので。

我が家の愛犬も4年前、朝、普通にお散歩に行ったのに、その日のお昼に突然息を引き取りました。12歳の老犬でしたが、その朝、どうして異変に気がついてやれなかったのか、私は本当に自分を責めてばかりいて、あんまり悲しくて、一人で旅に出てしまったぐらいです。でも、その旅に、愛犬がずっと寄り添って私と一緒にいてくれたこと、それは気のせいではないのです。

動物と一緒に暮らすということは、もうその時点で、相手が先に行く時の悲しみも引き受けるということです。相手がもの言わぬからこそ心で会話するという愛情を注ぎ、その分、お別れの時の悲しみは何倍にもなります。だから、愛するということにも覚悟がいるのです。

先に死んでしまった動物たちは、「虹の橋」でまた飼い主と再会するのをずっと待っていて、飼い主の姿が見えると喜んで駆け寄り、一緒に虹の橋を渡り共に天国に行くのだと、友人が教えてくれました。救われました。そう想像するだけで。

ごえちゃんやにゃんにゃんは、愛されることだけを望んでいます。そうすることが、逆にやがて、たーさんの支えになります。

投稿: Noa | 2008年5月17日 (土) 11時04分

Noa さん。
そうだったんですか。
私も20年一緒に暮らした前の犬を亡くして ぽっかり穴が空いた時期がありました。
老犬介護を半年ほどして。 
それで もう犬は飼わないって思ったんですが 縁あってごえもんが家に来ることになりました。
これは ジロー(前の犬)が連れてきてくれたのだと思いました。
 だから、ごえもんは 2人分、いやジローが逝ってしまう1ヶ月前に 突然亡くなってしまった 父の分まで 私はごえもんを大事に思っているのかもしれません。
 また どうしてか、ごえもんは 私の3人分の支えになってくれている。
 そんな気がします。
 
 虹の橋。

 読みながら涙が頬を伝いました。
 いつか会える日まで 恥ずかしくないように 日々をすごさかければいけませんね。

 Noaさん。 ありがとうございます。
 にゃんにゃん も ごえもんも この家族しか いないんですもんね。
 

投稿: たー | 2008年5月17日 (土) 22時25分

うちにも13歳8ヶ月の高齢犬がいて、いつかは遠いところにいっちゃうんだということをいつも心の片隅に思い留めています。そんなことが現実に起こってほしくなんかないけど、やはりいつかの覚悟もしておかないといけないんだなあと思って過ごしています。
虹の橋のお話・・うちの犬ならきっとずっと待っててくれるだろうなあ・・そして私の姿を見つけたら本当に喜んで尻尾ふって飛びついてくるだろうなあ。そんな遠い先のことを想像しながら横で寝息をたてている今の時間を大切にしたいと思いました。

投稿: naraclubtsushin | 2008年5月18日 (日) 00時05分

naraclubtsushinさん。
ほんとに・・・・。自分が先にいなくなる方がずっとダメな事なんでしょうけれど。 この温もりを感じる事が出来なくなる日が来ると思うと・・・・。
 子供とかじゃなく、一心に全身で信頼を寄せてくれるその瞳を見ていると 無償の愛を感じます。
 どう考えても 人間は与えてる側じゃなくって 犬に与えてもらってる側ですよね。
 で、今日もごえもん洗ってあげちゃいました。
     迷惑そうでしたが・・・・・・。

投稿: たー | 2008年5月18日 (日) 21時03分

たーさんはじめまして
先月から愛読しています。
古いブログへのコメントになりますが…
うちにも去年の9月に18歳と8ヶ月で虹の橋を渡っていったワンコがいます。
人生の半分以上を空気のように一緒に過ごしてきたので亡くなったことがなかなか受け入れられずにいます。

うちの子も虹の橋で待っていてくれたらいいなぁ。
ごえちゃんの写真を見てうちのワンコにとても似ているので読み始め毎日癒されています。

これからもたくさんごえちゃんの写真をUPさせて下さいね。
楽しみにしています。

投稿: ぽんつ | 2010年11月13日 (土) 02時05分

ぽんつさん。
コメント本当にありがとうございます。
私も、日記を振り返ってみる事ができました。
2年前のゴエに較べて今のゴエは相当毛並みが悪くなっております・・・・。歳のせいもあるのですが ちゃんとアレルギーを治してやれない私の力不足を痛感いたしております・・・。
薬を与え続ける事で、内臓に負担を与えるのと、どちらがゴエの為になるのかと・・・・・。葛藤でございます。
 毎日同じ部屋で半日一緒に過ごし、横に居るのが当り前。
この有難味を忘れかけておりました・・・・。
 でも、ゴエには多分私しか見えておらず、その一心な瞳を見ては 抱きしめる毎朝でございます。
・・・・・・・・・。タマに来る師匠には それ以上の反応を見せるのが気に入りませんが・・・・・。

 ゴエが来たのも、偶然です。 
ぽんつさんに助けを求めているわんこがこの世にいるかもしれませんよ。 
ビビビ!と来たその時は 手を差し伸べてあげてはどうでしょう。 きっと虹の橋から「良い事したね」って云ってくれますよ。
 次の出会いも 運命ですよ・・・・。
虹の橋でたくさんの家族が仲良く待っていてくれると思うのもまた 素敵じゃないですか。
 たくさんの命に愛情を注いであげても きっと ぽんつさんの泉はコンコンと沸き続けるますもん。絶対に。
 
 毎日楽しく笑って過ごせるのも きっと虹の橋の住人のお陰かもしれません。
 有難いな~~~って、よく思いますモン。
きっと、そうしてたら もっと楽しい事がやってきますよ。
・・・・・・・・という ヨコシマナ気持ちがあるから
私はダメですけれども・・・・。
 
 長いですよね。イラン事をグダグダとすみません!
コレに懲りずに どうか、又 遊びに来てくださいませ。
ヨロシクお願いいたします! 
  

 

投稿: たー | 2010年11月13日 (土) 21時20分

たーさんこんばんは

ありがとうございます。
新しい子を可愛がることは前の子に悪いんじゃないかと思い、そんな風に考えたことはありませんでした。
確かに虹の橋でたくさんの子たちが待ってくれていたらとても幸せですよね(^-^)
そういうビビビ!という縁があれば前向きに考えてみようと思います。

ちなみに、うちの子も飼い主意外にしっぽを振る子でしたよ。
愛想を振りまかなくても一番愛してくれてるってことをわかっていたのかなと思います。

またコメントしますねー。

投稿: ぽんつ | 2010年11月14日 (日) 23時55分

ぽんつさん。
本日も 師匠が登場してですね。
もう、ゴエ。師匠にクビッタケ。
あれはなんでしょうかね??
呆れますよ・・・・・・。
きっと、位置づけが 私より師匠の方が上!と思ってると・・。
あたってるのが くやしい。

また!寄ってってくださいませ。。。
心待ちに致しておりますよ~~。

投稿: たー | 2010年11月16日 (火) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/20984130

この記事へのトラックバック一覧です: 晴天 万歳!:

« ビオナーデ 売るどーーー! | トップページ | 梅雨になる前に。 »