« 万年床の間 | トップページ | やな、病気! »

2008年3月 2日 (日)

万年床の間2

万年同じ飾りの床の間。    何が飾ってあるかというと、

             Dsc01749              

                  猩々さん。 暗い部屋なので、電気をつけてもこれで精一杯

  猩々です。酒屋なものですからあるのでしょうか?わりと古い物です。

 保管が悪いので、分かり難いですが割りと派手目の衣装を着てます。金色です。

 猩々さんは、元々中国の想像上の生き物だとか、猿の事だとか、色々言われてますが、兎に角、お酒好き!!という設定が付いたのは日本に来てからだそうです。ほれ、顔が赤いでしょ~~。呑み助ってことですね。 ちなみに、ショウジョウバエってものも、酒に好んで集まってくる所からついたらしいですよ。目が赤いからって事もあったみたいですけど。・・・・・・。酒屋の言うことですから、いい加減です。間違ってたらごめんなさい。

 で、この猩々さんがいつもこの床の間にいらっしゃいます。  

                Dsc01753     

                    後ろは、こんな感じ。

奈良の一刀彫りです。昔の彫り方で粗いらしいです。今のはもっと洗礼されていて繊細です。

               Dsc01754

                    足の裏も割りと手を抜いて無いな・・・。初めて知った。

で、 髪の毛の右下側に「行信」って彫ってました。これも初めて知りました。たぶん、「信行」さんが彫ったんでしょうね。  

 いつも家にあるものなんか、じっくり見ることが無いですからね。いや~~~。いい経験です。裏側にちゃんと足の裏が彫ってあったとは・・・・。小さな発見でした。 

 新しいお家でしたらね、劇的アフター! みたいな、この床の間が、こんなに変わりました。  なんていうことでしょう!!  って、ことになるんでしょうがね。     そんな事を80歳の家に、期待したって・・・

               無理です!!

でも、とりあえず、3日までには、ほんの少しでも変えてみましょう。

ほんの、ほんの、ほ~~~~~~んの、少し変え様ではないですか!!

              Dsc01762   

              3月2日にお雛様を飾りましたとさ

 ギリギリセーフで、お雛様を飾ってみなしたが、い、い、如何でしょうか???

 ホントはね、その隣に段飾りのお雛様を飾らなければいけないんですけど、

                じゃまく・・・・・・・・・・。

 言ってはいけません。これ以上は。と、とりあえず 4月3日が旧暦のひな祭りですからね、それまでになんとかなればと・・・、ならない方に賭けますか?

|

« 万年床の間 | トップページ | やな、病気! »

床の間」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/534762/10873008

この記事へのトラックバック一覧です: 万年床の間2:

« 万年床の間 | トップページ | やな、病気! »